NISA(小額投資非課税制度)とは?利用できるまで理解する!

nisa くらし
スポンサーリンク

この記事では、NISAとは何か、どのような種類があり、誰が利用できるのかをわかりやすく解説します。また、NISAのメリット・デメリットも紹介しますので、投資を始める際の参考にしてください。

NISAは、少額からの投資を支援するための非課税制度です。NISA口座を開設して、NISA口座で購入した金融商品から得られた利益(配当金、譲渡益等)が非課税になります。

NISAには、一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの3つの種類があります。

  • 一般NISAは、成人が利用できるNISAです。年間120万円の投資枠があり、最大5年間非課税で保有できます。
  • つみたてNISAは、一定の条件を満たす投資信託に投資できるNISAです。年間40万円の投資枠があり、最大20年間非課税で保有できます。
  • ジュニアNISAは、未成年が利用できるNISAです。年間80万円の投資枠があり、最大18年間非課税で保有できます。

NISAのメリットは、以下のとおりです。

  • 非課税で運用できるため、投資による利益をより大きくすることができます。
  • 少額から始められるため、投資を始めるハードルが低くなります。
  • 長期の運用を想定しているため、長期的な資産形成に向いています。

NISAのデメリットは、以下のとおりです。

  • 投資で利益が出たとしても、非課税になるだけで税金が完全に免除されるわけではありません。
  • 投資にはリスクが伴うため、損失を出す可能性もあります。
  • NISA口座で購入した金融商品は、他の口座に移すことができません。

投資を始める際には、メリット・デメリットを理解した上で、自分に合ったNISAを利用しましょう。

NISA(小額投資非課税制度)とは?

NISA(小額投資非課税制度)

NISA(ニーサ)とは、少額からの投資を支援するための非課税制度です。NISA口座を開設して、NISA口座で購入した金融商品から得られた利益(配当金、譲渡益等)が非課税になります。

NISAには、一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの3つの種類があります。

  • 一般NISAは、成人が利用できるNISAです。年間120万円の投資枠があり、最大5年間非課税で保有できます。
  • つみたてNISAは、一定の条件を満たす投資信託に投資できるNISAです。年間40万円の投資枠があり、最大20年間非課税で保有できます。
  • ジュニアNISAは、未成年が利用できるNISAです。年間80万円の投資枠があり、最大18年間非課税で保有できます。

NISAのメリット

NISAのメリットは、以下のとおりです。

  • 非課税で運用できるため、投資による利益をより大きくすることができます。
  • 少額から始められるため、投資を始めるハードルが低くなります。
  • 長期の運用を想定しているため、長期的な資産形成に向いています。

NISAのデメリット

NISAのデメリットは、以下のとおりです。

  • 投資で利益が出たとしても、非課税になるだけで税金が完全に免除されるわけではありません。
  • 投資にはリスクが伴うため、損失を出す可能性もあります。
  • NISA口座で購入した金融商品は、他の口座に移すことができません。

NISAは、少額からの投資を支援するための制度です。投資を始める際には、メリット・デメリットを理解した上で、自分に合ったNISAを利用しましょう。

NISAの始め方は?

NISAの始め方を具体的に知りたい!

NISAの始め方は、以下のとおりです。

  1. NISA口座を開設する

NISA口座は、銀行や証券会社などで開設できます。口座開設には、本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)と印鑑が必要です。

  1. 投資商品を選ぶ

NISA口座では、株式や投資信託などの金融商品に投資することができます。一般NISAとつみたてNISAでは、投資できる金融商品が異なります。

  • 一般NISA
    • 株式
    • 投資信託
    • ETF
  • つみたてNISA
    • 投資信託(一定の条件を満たすもの)
  1. 金融商品を購入する

NISA口座を開設したら、金融商品を購入することができます。購入は、口座開設した金融機関のインターネットバンキングや証券取引アプリなどから行うことができます。

  1. 運用する

金融商品を購入したら、運用を開始します。運用は、金融商品の値動きに応じて、買ったり売ったりしながら行います。

NISAの始め方のポイントは、以下のとおりです。

  • NISAの種類を理解する

NISAには、一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの3つの種類があります。それぞれの種類の特徴を理解して、自分に合ったNISAを選びましょう。

  • 投資商品を選ぶ際には、リスクを理解する

投資にはリスクが伴います。投資商品を選ぶ際には、リスクを理解した上で、自己責任で投資を行うようにしましょう。

  • 長期的な運用を意識する

NISAは、長期の運用を想定している制度です。短期的な利益を求めるのではなく、長期的な資産形成を目標に運用しましょう。

NISAは、少額からの投資を支援するための制度です。メリット・デメリットを理解した上で、自分に合ったNISAを利用することで、資産形成に役立てることができます。

NISAを始めるために必要なものは?

NISAを始めるために必要なものは、以下のとおりです。

  • 本人確認書類
    • 運転免許証
    • パスポート
    • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • 印鑑
  • NISA口座開設のための書類
    • 金融機関や証券会社から送付される書類

本人確認書類は、口座開設の際に本人確認を行うためのものです。運転免許証やパスポートなど、顔写真付きの身分証明書が必要です。マイナンバーカードは、マイナンバーの確認と本人確認の両方に使用できます。

印鑑は、口座開設の際に口座名義人の印鑑を登録するためのものです。

NISA口座開設のための書類は、金融機関や証券会社から送付されます。書類に必要事項を記入して、返送することで口座開設の手続きが完了します。

NISAを始める前に、以下の点に注意しましょう。

  • NISAの種類を理解する
    • NISAには、一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの3つの種類があります。それぞれの種類の特徴を理解して、自分に合ったNISAを選びましょう。
  • 投資商品を選ぶ際には、リスクを理解する
    • 投資にはリスクが伴います。投資商品を選ぶ際には、リスクを理解した上で、自己責任で投資を行うようにしましょう。
  • 長期的な運用を意識する
    • NISAは、長期の運用を想定している制度です。短期的な利益を求めるのではなく、長期的な資産形成を目標に運用しましょう。

NISAは、少額からの投資を支援するための制度です。メリット・デメリットを理解した上で、自分に合ったNISAを利用することで、資産形成に役立てることができます。

積立NISAで20年後いくらになりますか?

積立NISAで20年後いくらになるかは、以下の要素によって異なります。

  • 積立金額
  • 運用利回り

積立金額は、毎月いくら積立するかによって決まります。運用利回りは、投資商品の値動きによって決まります。

一般的に、積立金額が多いほど、運用利回りが高ければ高いほど、20年後の資産額は大きくなります。

例えば、毎月1万円を積立NISAで20年間運用した場合、運用利回りが年3%だった場合、積立総額は240万円になり、運用益は48万円になります。そのため、20年後の資産額は288万円になります。

また、毎月3万円を積立NISAで20年間運用した場合、運用利回りが年3%だった場合、積立総額は720万円になり、運用益は144万円になります。そのため、20年後の資産額は864万円になります。

以下に、積立金額と運用利回りによる20年後の資産額のシミュレーションを示します。

積立金額運用利回り20年後の資産額
1万円/月3%288万円
3万円/月3%864万円
5万円/月3%1,440万円
10万円/月3%2,880万円

もちろん、これはあくまでもシミュレーションであり、実際の運用結果は異なります。投資にはリスクが伴うため、損失を出す可能性もあります。

また、積立NISAは非課税期間が20年間と長いため、長期的な運用を想定しています。そのため、無理のない金額で継続して積立を行うことが大切です。

ニーサで元本割れしたら税金はどうなるの?

NISAで元本割れした場合、非課税期間中であれば、売却しても税金はかかりません。ただし、非課税期間終了後に課税口座に移管した場合、非課税期間終了日の基準価額が取得価格としてみなされ、その後の値動きに応じて課税されることになります。

例えば、一般NISAで100万円を投資し、非課税期間終了時に50万円に値下がりしていた場合、非課税期間中であれば売却しても税金はかかりません。しかし、非課税期間終了後に課税口座に移管した場合、50万円が取得価格としてみなされ、その後の値動きに応じて課税されることになります。

つまり、元本割れした状態で非課税期間を終了した場合、課税口座に移管する前に、元本の回復を待つか、損切りをするかを選択することになります。

また、元本割れした状態で課税口座に移管した場合でも、譲渡益が発生していなければ、税金はかかりません。ただし、譲渡益が発生している場合は、20.315%の税率で課税されます。

したがって、NISAで投資を行う際には、元本割れのリスクを理解した上で、投資を行うようにしましょう。

2023年に一般nisaと積立nisaのどちらにすべきですか?

2023年に一般NISAと積立NISAのどちらにすべきかは、以下の3つのポイントを踏まえて検討しましょう。

  1. 投資金額

一般NISAは年間120万円、積立NISAは年間40万円の投資枠があります。投資金額が120万円を超える場合は、一般NISAと積立NISAを併用して利用することも可能です。

  1. 運用期間

一般NISAは5年間、積立NISAは20年間の非課税期間があります。長期的な運用を考えている場合は、積立NISAが有利です。

  1. 投資の目的

一般NISAは、株式や投資信託などの幅広い金融商品に投資できます。積立NISAは、一定の条件を満たす投資信託にしか投資できません。

具体的な例としては、以下のようなケースが考えられます。

  • 投資金額が120万円を超える場合

投資金額が120万円を超える場合は、一般NISAと積立NISAを併用して利用することをおすすめします。例えば、毎月10万円ずつ積立NISAで投資し、残りの資金を一般NISAで運用するといった方法です。

  • 長期的な運用を考えている場合

長期的な運用を考えている場合は、積立NISAが有利です。積立NISAは、非課税期間が20年間と長いため、長期的な運用を前提とした積立投資に適しています。

  • 特定の投資信託に投資したい場合

特定の投資信託に投資したい場合は、一般NISAが有利です。一般NISAでは、株式や投資信託などの幅広い金融商品に投資できます。そのため、特定の投資信託に投資したい場合は、一般NISAを利用しましょう。

もちろん、これはあくまでも一例です。ご自身の状況や目的に合わせて、どちらのNISAが適しているか検討するようにしましょう。

まとめ:NISA(小額投資非課税制度)とは?利用できるまで理解する!

NISA(小額投資非課税制度)とは、少額からの投資を支援するための制度です。NISA口座を開設して、NISA口座で購入した金融商品から得られた利益(配当金、譲渡益等)が非課税になります。

NISAには、一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの3つの種類があります。

  • 一般NISAは、成人が利用できるNISAです。年間120万円の投資枠があり、最大5年間非課税で保有できます。
  • つみたてNISAは、一定の条件を満たす投資信託に投資できるNISAです。年間40万円の投資枠があり、最大20年間非課税で保有できます。
  • ジュニアNISAは、未成年が利用できるNISAです。年間80万円の投資枠があり、最大18年間非課税で保有できます。

NISAのメリットは、以下のとおりです。

  • 非課税で運用できるため、投資による利益をより大きくすることができます。
  • 少額から始められるため、投資を始めるハードルが低くなります。
  • 長期の運用を想定しているため、長期的な資産形成に向いています。

NISAのデメリットは、以下のとおりです。

  • 投資で利益が出たとしても、非課税になるだけで税金が完全に免除されるわけではありません。
  • 投資にはリスクが伴います。損失を出す可能性もあります。
  • NISA口座で購入した金融商品は、他の口座に移すことができません。

NISAを始める際には、メリット・デメリットを理解した上で、自分に合ったNISAを利用しましょう。

NISAは、少額からの投資を支援するための制度です。メリット・デメリットを理解した上で、自分に合ったNISAを利用することで、資産形成に役立てることができます。

くらし
スポンサーリンク
smwpをフォローする
スポンサーリンク
ニュースふかぼり
タイトルとURLをコピーしました