バレー界のアイドル、横浜流星に激似!高橋慶帆|読み方は「けいはん」

高橋慶帆 エンタメ
スポンサーリンク

世界が注目する、日本バレー界のイケメン:高橋慶帆選手

慶帆の読み方は、「けいはん」です!

高橋慶帆(たかはしけいはん)。日本のバレーボール選手。ポジションはオポジット。法政大学バレーボール部に所属し、バレーボール日本男子代表に選出されています。

スポーツ紙のインタビューでは、名前の『慶帆』はペルシャ語で『世界』を意味するとか。

SNSを中心に「超絶イケメン」として話題沸騰中

現在、SNSを中心に「超絶イケメン」として話題沸騰中!バレーボール男子日本代表「龍神NIPPON」の一員である高橋慶帆(たかはし・けいはん、19歳)選手。

この話題は、TikTokに投稿された高橋選手をクローズアップした動画がSNSで拡散されたことから始まりました。

その動画には、高橋選手が真剣な表情や笑顔でプレーする姿が収められており、これに対して多くのユーザーから《めちゃめちゃ顔きれい…》《うわお、圧倒的な高身長イケメン!!!》《すごい主人公感。もう、すごい》などと、絶賛の声が殺到しています。

さらに、高橋選手の端正な顔立ちにはキリッとした眉毛や高い鼻が際立ち、これに触発されて横浜流星(27歳)に似ているとの声も上がっています。

また、彼の容姿がSnow Manのラウール(20歳)にも似ていると指摘する声が広がっており、その比較にも多くのファンが注目しています。

プロフィル

【高橋慶帆】(たかはしけいはん
生年月日:2003年10月13日(2023年9月現在19歳)
両親国籍:父親:イラン  母親:日本
出身地:千葉県
出身校:鶴巻小⇒海上中⇒習志野高⇒法政大学2年生
身長:193㎝ 体重:73kg
ポジション:オポジット
最高到達点:350㎝
ブロックジャンプ:325㎝
日本代表背番号:31

千葉県旭市出身。イラン人の父と日本人の母を持つ。小学2年からサッカーをしていたが、怪我をきっかけに中学2年でバレーに転向。市立習志野高校では3年連続で春高バレーに出場し、3年時にキャプテンを務めた。

高校卒業後は法政大学に進学。1年生からレギュラーを獲得し、2022年には大学選手権で優勝を果たした。

2022年6月、バレーボール日本男子代表に初選出された。同年9月、アジア大会に出場し、日本代表の3位入賞に貢献した。

身長193cm、体重87kgの恵まれた体格と、高いジャンプ力、強力なスパイクを武器とする。また、イラン人の父を持つことから、エキゾチックなルックスも注目されています。

2023年10月現在、日本男子バレーボール界を代表する若手選手の一人として期待されています。

主な成績

  • 2022年 大学選手権優勝
  • 2022年 アジア大会3位

個人成績

  • 2022年 大学選手権 スパイク賞
  • 2022年 アジア大会 スパイク賞

今後の活躍が期待される選手である。

まとめ:バレー界のアイドル、横浜流星に激似!高橋慶帆

魅力あふれる高橋慶帆選手が再び注目を浴びる!

去年の杭州アジア競技大会で銅メダルを獲得したバレーボール男子日本代表、その中でも背番号31番の高橋慶帆(けいはん)選手が、神レベルのイケメンとして国内外で評判になっています。

9月30日から始まるパリのオリンピック予選兼ワールドカップ2023において、高橋選手が選出されなかったことは残念ながら事実です。しかし、このチームには実力ある選手たちが揃っており、彼らの活躍に期待が高まっています。

高橋慶帆選手の再びの注目を浴びる瞬間が来るかもしれません。彼を含む日本代表男子バレーボールチームにたくさんの応援と励ましの声を送りましょう!彼らの活躍を見逃すことなく、一緒に応援しましょう!


タイトルとURLをコピーしました