スポンサーリンク

森永卓郎氏 現在、ステージ4なのに、なぜ抗がん剤が打てない?

ニュース

2023年12月にすい臓がんステージ4を公表した経済アナリストの森永卓郎氏が、現在抗がん剤治療を休止していることについて、なぜ抗がん剤治療が難しいのか、その理由が知りたくて、徹底的に調べました。

森永氏のように、ステージ4であっても抗がん剤治療ができないケースは少なくないようです。

この記事では、森永氏の現状を踏まえながら、抗がん剤治療の難しさについてお伝えします。

具体的には、以下の内容について説明します。

  • ステージ4であっても抗がん剤治療ができない理由
  • 森永氏の現在の状況
  • 抗がん剤治療の副作用
  • ステージ4のがん患者が抱える課題

森永卓郎氏 現在、ステージ4なのに、なぜ抗がん剤が打てない?

森永氏がステージ4であっても抗がん剤治療ができない理由

森永氏が抗がん剤治療を受けられない理由は、彼のがんが「原発不明がん」であることが理由となっています。このタイプのがんでは、がんが最初に発生した部位が特定できないため、標準的な抗がん剤治療が難しいとのこと。

通常、抗がん剤治療はがんの種類と発生源を特定した上で、最も効果的な薬剤を選択して行います。

しかし、がんの原発部位が不明の場合、どの抗がん剤が効果的かを決定することができません。そのため、森永氏は「オプジーボ」という免疫療法薬を用いた治療を受けており、この治療では免疫細胞を増殖させてがん細胞と戦うことになります。

非常に高額な治療費

森永氏のがん治療費は、非常に高額です。具体的には、1か月半で約400万円かかっています。

この高額な費用の背景には、森永氏が受けている治療が自由診療であることが関係しています。

自由診療とは、健康保険の適用外で治療を受けることを意味し、治療費の全額を患者が負担する必要があります。

通常、健康保険が適用される場合は、高額療養費制度などにより患者の自己負担額が大幅に抑えられますが、森永氏の場合はそのような制度の恩恵を受けられず、治療費が高額になってしまっています。

このまま治療を続けると、1年で約2000万円の費用がかかると見込まれています。

命あるうちに世に出したかった「私の遺書」とは?

森永氏が「命あるうちに世に出したかった『私の遺書』」として言及しているのは、彼が最近出版した著書のことです。この著書では、日本経済の長期的な衰退について綿密な分析と見解を提供しています。森永氏は特に、1980年代半ばに日本経済が占めていた世界経済における割合が大幅に低下した背景と理由を探求しています。

彼はこの著書を、自身の研究者人生の集大成と位置づけており、事実上の遺書とも称しています。

この本を通じて、日本経済の転落の背景にある深刻な問題点や、経済政策、歴史的事件への深い洞察を伝えたいという強い願いがあるのです。森永氏にとって、この本は自分の死前に絶対に完成させたいと考えていたライフワークの一部であり、日本経済の真の姿を後世に伝えるための重要なメッセージが込められています。

まとめ

森永卓郎氏は、2023年12月にすい臓がんステージ4を公表し、抗がん剤治療を開始しました。しかし、副作用が強く、現在は治療を休止しています。

森永氏のように、ステージ4であっても抗がん剤治療ができないケースは少なくありません。抗がん剤治療は、体力や臓器機能など、患者さんの状態によって適否が判断されます。

また、抗がん剤治療は、必ずしも完治を意味するものではありません。副作用との兼ね合い、患者さんの希望なども考慮しながら、治療法を選択する必要があります。

森永氏は現在、埼玉県所沢市の自宅近くに畑を借り、自ら農作業を行っています。お金も食料も、人に委ねず自分で育てられる力を養うことが大切だと考えています。

森永氏の言葉

「人生は短い。だから、やりたいことは全部やるべきだ。」

「お金や時間にとらわれず、自分の好きなことをして生きていく。」

森永氏の言葉は、私たちに勇気を与えてくれます。

この情報が、がん患者さんやご家族、そしてすべての人にとって少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました