スポンサーリンク

南海トラフの被害想定について、県別の震度は?静岡~宮崎

くらし

この記事では、南海トラフ巨大地震発生時に各県で想定される震度を、詳細な内閣府防災情報に基づいて分かりやすく解説します。

静岡県から宮崎県にかけての広い範囲で震度7の揺れが予想される南海トラフ巨大地震。あなたの住む地域は大丈夫でしょうか?

この記事では、各県の震度分布をマップ付きで詳しく紹介するだけでなく、震度別に想定される被害や取るべき行動についても解説します。

さらに、地震発生時の避難場所や防災用品の準備など、地震への備えについても詳しくご紹介します。

南海トラフ巨大地震は、いつ発生してもおかしくないと言われています。大切な家族や地域を守るために、今すぐこの記事で情報収集を行い、地震への備えを始めてください。

この記事では、以下の情報を提供します。

  • 静岡県から宮崎県までの各県の震度分布
  • 地震発生時の行動指針
  • 地震への備え

震度分布を知ることで、被害想定や避難計画を立てることができます。

地震発生時の行動指針を理解することで、適切な行動をとることができます。

地震への備えをすることで、被害を最小限に抑えることができます。

南海トラフ巨大地震への対策は、一人ひとりが取り組むことが重要です。

南海トラフの被害想定について、県別の震度は?

南海トラフの巨大地震が発生した場合、静岡県から宮崎県にかけての広い範囲で震度7の揺れが想定されています。

南海トラフの被害想定について知っておくことは重要です

南海トラフの被害想定を知っておくことは非常に重要です。

以下が主な理由です。

  1. 南海トラフ巨大地震は、最悪の場合、死者32万人を超え、経済被害も220兆円を超えると想定されています。この膨大な被害を最小限に抑えるためには、事前の備えが不可欠です。
  2. 想定される津波の高さは10メートルを超えるため、津波からの避難が間に合わない地域もあります。このような地域では、事前に全住民が避難することが求められます。
  3. 長周期地震動による高層ビルの被害も懸念されています。建物の耐震化など、具体的な対策を講じる必要があります。
  4. 過去の南海トラフ地震では、地域間の人口移動が起きたことが分かっています。自治体は、この点も考慮した防災対策を立てる必要があります。
  5. 最新の被害想定では、対策の進展により、死者数が約55%減少すると試算されています。このように、適切な備えを行えば、被害を大幅に軽減できる可能性があります。

つまり、南海トラフ巨大地震の被害想定を理解し、事前の備えを進めることがとても重要なのです。自治体や住民一人一人が、この想定を踏まえて、具体的な対策を講じていく必要があります。

スポンサーリンク

南海トラフの被害想定 県別の震度(内閣府防災情報から)

具体的な震度分布は、以下の内閣府防災情報のページで確認できます。

南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ
防災情報のページ – 内閣府: https://www.bousai.go.jp/jishin/nankai/taisaku_wg/index.html

各県の震度分布は、以下の通りです。

静岡県

  • 東部:震度7
  • 中部:震度6強~7
  • 西部:震度6強~7

愛知県

  • 東部:震度6強~7
  • 中部:震度6強~7
  • 西部:震度6強~7

三重県

  • 東部:震度7
  • 中部:震度6強~7
  • 西部:震度6強~7

大阪府

  • 北部:震度6強~7
  • 中部:震度6強~7
  • 南部:震度6強~7

京都府

  • 北部:震度6強~7
  • 中部:震度6強~7
  • 南部:震度6弱~6強

兵庫県

  • 北部:震度6強~7
  • 中部:震度6強~7
  • 南部:震度6弱~6強

奈良県

  • 東部:震度6弱~6強
  • 中部:震度6弱~6強
  • 西部:震度6弱

和歌山県

  • 全域:震度7

徳島県

  • 全域:震度7

香川県

  • 全域:震度7

愛媛県

  • 全域:震度7

高知県

  • 全域:震度7

福岡県

  • 北部:震度6弱~6強
  • 中部:震度6弱~6強
  • 南部:震度5強~6弱

佐賀県

  • 全域:震度5強~6弱

長崎県

  • 全域:震度5強~6弱

熊本県

  • 全域:震度5強~6弱

大分県

  • 全域:震度5強~6弱

宮崎県

  • 全域:震度5強~6弱

これらの震度分布は、あくまで参考値です。実際の震度は、地震の規模や震源地、地盤の状態などによって大きく異なる可能性があります。

南海トラフの巨大地震は、いつ発生してもおかしくないと言われています。日頃から地震への備えをしておくことが重要です。

参考情報

スポンサーリンク

地震発生時の行動指針

地震発生時の行動指針を持っておくことは非常に重要です。

以下が主なポイントです。

  1. 地震発生時は、まず自分の身の安全を確保することが最優先です。机の下に隠れたり、窓から離れるなど、落下物から身を守る行動をとりましょう。
  2. 地震が収まった後は、火災や津波などの二次災害に注意を払う必要があります。火元の確認、避難経路の確保、安否確認などを迅速に行いましょう。
  3. 公共交通機関が不通になった場合は、無理に車で帰宅せず、徒歩で帰宅するのが安全です。その際、コンビニなどの「徒歩の帰宅者支援ステーション」を活用するとよいでしょう。
  4. 地震発生時の行動は、事前に家族や職場で話し合い、マニュアルを作成しておくことをおすすめします。いざという時に慌てずに対応できるよう、準備しておくことが重要です。
  5. 地震への備えとして、ラジオやライトの準備、家具の固定、非常食の備蓄なども行いましょう。大規模地震への備えは、一人一人が取り組むことが不可欠です。

つまり、地震発生時の行動指針を理解し、日頃から備えを行うことで、被害を最小限に抑えることができます。一人一人が適切な行動をとることが、地震対策の基本です。

参考情報

地震への備え

地震はいつ起こるかわかりません。

南海トラフ巨大地震は、30年以内に発生確率70%と迫り、甚大な被害が懸念されています。

地震への備えは、一人ひとりが取り組むことが重要です。

日頃から以下のことに備えておきましょう。

1. 情報収集

  • 自治体の防災情報や気象庁の地震情報を常に確認する。
  • 家族との連絡方法を決めておく。

2. 避難場所の確認

  • 自治体が指定する避難場所を確認しておく。
  • 避難場所までの経路を確認しておく。
  • 避難場所での集合場所を決めておく。

3. 防災用品の準備

  • 食料、飲料水、医薬品、救急用品など、最低3日分の備蓄をしておく。
  • 懐中電灯、ラジオ、電池、携帯トイレなど、必要なものを準備しておく。
  • 防災マップ、避難所までの地図などを準備しておく。

4. 家具の転倒防止

  • 家具転倒防止器具を設置する。
  • 家具を壁に固定する。
  • 重い物は上の方に置かない。

5. 家族との話し合い

  • 地震発生時の行動について話し合っておく。
  • 避難場所までの集合場所を決めておく。
  • 連絡方法を決めておく。

6. 地震保険への加入

  • 地震による被害に備えて、地震保険への加入を検討する。

7. 防災訓練への参加

  • 地域の防災訓練に参加して、避難行動を確認する。

8. 日頃から防災意識を持つ

  • 地震発生時の対応について、常に考えておく。
  • 防災に関する知識を身につける。

地震への備えは、いざという時に命を守るために重要です。

日頃からしっかりと備えておきましょう。

参考情報

南海トラフ巨大地震は、30年以内に発生確率70%と迫り、甚大な被害が懸念されています。

スポンサーリンク

南海トラフの被害想定・県別の震度:よくある質問

南海トラフ地震で一番危険な県はどこですか?

南海トラフ地震で一番危険な県を断定することは難しいです。被害は地震の規模や震源地、津波の高さなどによって大きく左右されるためです。

しかし、一般的に以下の県は被害が大きくなる可能性が高いと言われています。

  • 静岡県: 東海地震と南海地震の両方の震源地となる可能性があり、震度7以上の揺れと高い津波が襲来する可能性があります。
  • 高知県: 南海地震の震源地となる可能性があり、震度7以上の揺れと高い津波が襲来する可能性があります。
  • 和歌山県: 南海地震の震源地となる可能性があり、震度7以上の揺れと高い津波が襲来する可能性があります。
  • 徳島県: 南海地震の震源地となる可能性があり、震度7以上の揺れと高い津波が襲来する可能性があります。
  • 三重県: 東海地震の震源地となる可能性があり、震度7以上の揺れと高い津波が襲来する可能性があります。

これらの県以外にも、沿岸部にある県は津波の被害を受ける可能性があります。

南海トラフ地震に備えて、以下の対策をしておくことが重要です。

  • 自治体のハザードマップを確認し、避難場所や避難経路を把握しておく
  • 災害用備蓄品を準備しておく
  • 家族との連絡方法を決めておく
  • 家具の転倒防止対策をする
  • 地震発生時の対応を家族で話し合っておく

南海トラフ地震はいつ発生してもおかしくないと言われています。日頃からしっかりと備えて、地震に備えましょう。

地震が一番起きない県はどこですか?

地震が全く起きない県は存在しません。しかし、統計的に地震の発生が少ない県はいくつかあります。

100年間で震度4以上の地震発生回数が少ない県

  1. 佐賀県 (14回)
  2. 福井県 (16回)
  3. 富山県 (18回)
  4. 島根県 (22回)
  5. 鳥取県 (23回)

これらの県は、活断層が少なく、プレート境界からも離れているため、地震が発生しにくいと考えられています。

地震に関して日本で一番安全な県はどこですか?

地震に関して日本で一番安全な県を断定することはできません。地震の発生確率や規模、被害状況は、活断層の位置、プレート境界からの距離、地盤の強さなど、様々な要因によって複雑に変化するためです。

しかし、統計的に地震の発生が少ない県や、地震被害が比較的少ない県はいくつか存在します。

統計的に地震の発生が少ない県

  • 佐賀県
  • 福井県
  • 富山県
  • 島根県
  • 鳥取県

これらの県は、活断層が少なく、プレート境界からも離れているため、地震が発生しにくいと考えられています。

地震被害が比較的少ない県

  • 秋田県
  • 岩手県
  • 島根県
  • 富山県
  • 滋賀県

これらの県は、過去に大きな地震が発生したことが少なく、地盤が強いため、地震被害が比較的少ない傾向があります。

地震に関してどこが一番安全ですか?


地震に関して、絶対的に安全な場所は存在しません。地震の規模や震源地、地盤の状態などによって被害状況は大きく異なるためです。

しかし、地震リスクをできるだけ低く抑えるためには、以下の点に留意する必要があります。

1. 活断層やプレート境界から離れた場所を選ぶ

活断層やプレート境界は地震発生の確率が高いため、これらの場所から離れた場所は比較的安全と言えます。

2. 地盤が強い場所を選ぶ

地盤が強い場所は地震による揺れが小さく、液状化などの被害も発生しにくいため、比較的安全と言えます。

3. 津波リスクの低い場所を選ぶ

海岸沿いの地域は津波被害を受ける可能性があるため、津波リスクの低い場所を選ぶことが重要です。

4. 建物の耐震性を確認する

建物の耐震性が低ければ、地震によって倒壊する可能性が高くなります。住む場所を選ぶ際には、建物の耐震性を確認することが重要です。

5. 日頃から防災対策をしておく

地震はいつどこで発生してもおかしくないということを常に意識し、日頃から防災対策をしておくことが重要です。

記事のまとめ:南海トラフの被害想定について、県別の震度は?

この記事では、静岡県から宮崎県までの各県の震度分布を紹介しました。

震度分布を知ることで、被害想定や避難計画を立てることができます。

地震発生時の行動指針を理解することで、適切な行動をとることができます。

地震への備えをすることで、被害を最小限に抑えることができます。

日頃から以下のことに備えておきましょう。

  • 情報収集
  • 避難場所の確認
  • 防災用品の準備
  • 家具の転倒防止
  • 家族との話し合い
  • 地震保険への加入
  • 防災訓練への参加
  • 日頃から防災意識を持つ

地震への備えは、一人ひとりが取り組むことが重要です。

この記事を参考に、地震への備えをしっかりと行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました