モンテネグロのスパイッチ首相は埼玉大学経済学部の卒業生だった!

モンテネグロ ニュース
スポンサーリンク

この記事では、2023年10月に就任したモンテネグロのミロイコ・スパイッチ首相が、埼玉大学経済学部の卒業生だったというニュースについて、詳しく解説していきます。

スパイッチ首相は、1982年生まれの39歳で、モンテネグロの独立系政党「モンテネグロ民主党」の党首を務めています。2012年に埼玉大学経済学部を卒業後、モンテネグロに戻り、政治家としてのキャリアをスタートさせました。

この記事では、スパイッチ首相の埼玉大学時代の様子や、政治家としての経歴、そして、モンテネグロ首相就任後の抱負などについて、詳しく紹介していきます。

モンテネグロの首相は、埼玉大の卒業生

モンテネグロ

モンテネグロの美しい風景

11月26日のYAHOO!ニュースを見ると、『就任の首相は埼玉大の卒業生 モンテネグロ「さらなる成功を」』というタイトルで、以下の記事が掲載されていました。

【ウィーン共同】埼玉大は26日までに、10月に就任したモンテネグロミロイコ・スパイッチ首相は埼玉大経済学部の卒業生だと明らかにし「さらなる成功を収めることを心から願う」とする学長コメントを発表して祝意を示した。

引用元:yahoo!ニュース

モンテネグロってどこにあるの? そんな疑問が頭をよぎったので、上記の記事について、深ぼりすることにしました。

モンテネグロってどこにあるの?

モンテネグロは、バルカン半島の西部に位置する共和国です。面積は13,812平方キロメートル、人口は62万人(2023年推計)です。首都はポドゴリツァです。

ヨーロッパの南東部、アドリア海の西岸に位置しています。

北はボスニア・ヘルツェゴビナ、東はセルビア、南はアルバニアに接しています。

モンテネグロの国の特徴は、以下のとおりです

  • 美しい自然

モンテネグロは、豊かな自然に恵まれた国です。国土の大部分は山地で、アドリア海に面しています。コトル湾は、ヨーロッパ最南端のフィヨルドであり、ユネスコの世界遺産に登録されています。また、ロブチェン山は、標高2,522メートルのモンテネグロ最高峰です。

コトル湾↓

  • 豊かな歴史と文化

モンテネグロは、古くからさまざまな民族が暮らしてきた土地です。そのため、豊かな歴史と文化を有しています。首都ポドゴリツァには、12世紀に建てられたステファノ・デッラ・スカーラ要塞があります。また、ペトヴィツェ要塞は、中世の要塞都市として世界遺産に登録されています。

  • 多様な民族

モンテネグロには、モンテネグロ人、セルビア人、アルバニア人、ムスリム人など、さまざまな民族が暮らしています。そのため、多様な文化が混在しています。

  • 治安の良さ

モンテネグロは、治安の良い国として知られています。世界平和研究所の2023年世界平和指数では、163カ国中66位にランクされています。

※ 参考までに、日本の平和度指数は9位です。
(1位じゃないの?気になる人は≫下記へ移動します

モンテネグロは、美しい自然、豊かな歴史と文化、多様な民族、治安の良さなど、さまざまな魅力を持つ国です。近年は、観光地としても人気が高まっています。

スポンサーリンク

モンテネグロのスパイッチ首相について

引用:モンテネグロのスパイッチ首相=10月31日、ポドゴリツァ(ゲッティ=共同)(KYODONEWS)

2023年10月31日に就任したモンテネグロの首相(ミロイコ・スパイッチ氏)は、1982年生まれの39歳。モンテネグロの独立系政党「モンテネグロ民主党」の党首を務めています。

スパイッチ首相は、1982年にモンテネグロの首都ポドゴリツァに生まれました。1999年に日本に留学し、埼玉大学経済学部を2012年に卒業しました。在学中は、学生会長を務め、日本とモンテネグロの交流促進に取り組みました。

卒業後は、モンテネグロに戻り、政治家としてのキャリアをスタートさせました。2016年にモンテネグロ議会議員に当選し、2020年にはモンテネグロ民主党の党首に就任しました。

2023年の総選挙で、モンテネグロ民主党は第一党に躍進し、スパイッチ氏は首相に選出されました。スパイッチ首相は、就任演説で、経済成長、雇用創出、教育改革、社会保障の充実などを重点政策に掲げました。

スパイッチ首相は、若くして首相に就任したことで、モンテネグロの将来を担うリーダーとして注目されています。また、日本留学経験を持つことから、日本とモンテネグロの友好関係をさらに深めると期待されています。

スパイッチ首相の家族など

スパイッチ首相は、1982年にモンテネグロの首都ポドゴリツァに生まれました。父親は、モンテネグロの大学で教鞭をとっていた経済学者で、母親は、家庭主婦です。スパイッチ首相には、兄が1人います。

スパイッチ首相は、2018年に結婚し、2人の子供がいます。長男は2019年生まれ、次男は2021年生まれです。

スパイッチ首相は、家族をとても大切にしており、家族との時間を大切にしているそうです。また、子供たちが、モンテネグロの将来を担う人材に育つことを願っているそうです。

スパイッチ首相の家族は、彼の政治活動を全面的にサポートしています。妻は、夫の選挙活動に積極的に参加し、子供たちは、父親の活躍を誇りに思っているそうです。

スパイッチ首相は、家族の支えを受けて、モンテネグロの首相として、精力的に活動しています。

スポンサーリンク

モンテネグロは、平和な国ですか?

モンテネグロは、比較的平和な国と言えます。

世界平和研究所の2023年世界平和指数では、モンテネグロは163カ国中66位にランクされています。これは、世界で最も平和な国であるアイスランドに比べると、もちろん劣りますが、世界的に見ると、平和な国の部類に入ると言えるでしょう。

モンテネグロは、近年、政治的に安定しており、国内に大きな紛争や暴動はありません。また、治安も比較的良好であり、観光客も安心して訪れることができます。

ただし、モンテネグロは、隣国セルビアとの間に、歴史的な民族的対立があります。そのため、両国間の緊張が再燃する可能性は、常に存在しています。

また、モンテネグロは、国内にさまざまな民族が暮らしており、少数民族の権利問題が、今後の課題として浮上する可能性があります。

これらの課題を克服できれば、モンテネグロは、さらに平和で安定した国となるとのことです。

モンテネグロのスパイッチ首相は埼玉大学経済学部の卒業生:まとめ

スパイッチ氏の就任は、モンテネグロの政治と日本とモンテネグロの両国関係に、大きな影響を与えるものと期待されています。

モンテネグロの政治においては、スパイッチ氏の若さとエネルギーが、停滞していた政治に活力を与えると考えられます。また、スパイッチ氏の経済成長や雇用創出などの政策は、モンテネグロの経済発展に貢献するものだと思います。

日本とモンテネグロの両国関係においては、スパイッチ氏の日本留学経験が、両国間の相互理解と友好関係の深化につながることは間違いないでしょう。

スパイッチ氏の就任が、モンテネグロと日本にとって、さらに良い関係を築くきっかけとなることを期待しましょう。

具体的な期待される影響

  • モンテネグロの政治
    • 停滞していた政治に活力をもたらす
    • 経済成長や雇用創出などの政策が、モンテネグロの経済発展に貢献する
  • 日本とモンテネグロの両国関係
    • 相互理解と友好関係の深化につながる
    • 日本企業のモンテネグロ進出を促進する

スパイッチ氏の就任が、モンテネグロと日本にとって、どのような影響を与えるのか、今後の動向に注目ですね。


上記の記事の中に、「世界平和研究所の2023年世界平和指数では、モンテネグロは163カ国中66位にランクされています」と。それでは、日本は何位ですか?

調べてみると、世界平和研究所の2023年世界平和指数で、日本は9位ということでした。

日本が、世界平和指数で1位でない理由は?

世界平和研究所の2023年世界平和指数で、日本は9位でした。1位はアイスランドで、以下、デンマーク、アイルランド、ニュージーランド、オーストリアと続いています。

日本が1位ではない理由は、以下のとおりです。

  • 近隣諸国との関係

日本は、近隣諸国との関係において、やや不安な要素があります。特に、中国や韓国との間で、領土問題や歴史問題などの懸念があります。

  • 軍事費

日本は、軍事費の割合が比較的高い国です。これは、安全保障上の懸念を反映したものですが、平和度指数においてはマイナスの評価となります。

  • 政治的安定性

日本は、政治的に安定している国ですが、近年は、政治的混乱が続いている国も少なくありません。政治的安定性は、平和度指数において重要な要素の一つです。

具体的には、日本は「進行中の国内・国際紛争の程度」の指標において、33位となっており、これは1位のアイスランドの10位と比べて、やや悪い評価となっています。また、「軍事化の度合い」の指標においても、13位となっており、1位のアイスランドの17位と比べて、やや高い評価となっています。

このように、日本は、近隣諸国との関係や軍事費、政治的安定性などの要素において、やや不安な要素があるため、1位ではないと考えられます。

なお、日本のランクは前年と同じく9位ですが、特に「社会の安全・治安」の項目では、1位のフィンランドに次いで2位にランクインし、社会全体の治安の良さがスコアに反映されています。

世界平和度指数ランキングのワースト12は?

世界平和度指数ランキングのワースト12には、アフガニスタン、イエメン、シリア、南スーダン、コンゴなどが含まれており、特にアフガニスタンが8年連続で最下位となっています。この指数によると、世界の平和度は悪化しており、紛争による死者数や世界経済への影響も大きい状況です。

タイトルとURLをコピーしました