マイナ保険証の作り方|そもそもマイナ保険証とは?なぜ必要?

くらし
スポンサーリンク

この記事では、マイナ保険証(マイナンバーカードの健康保険証)の作り方と、マイナ保険証とは何か、なぜ必要なのかについて詳しく解説します。

2023年10月から、医療機関での保険証の提示が原則、マイナンバーカードまたはマイナ保険証に切り替わりました。

まだ取得していない方も多いと思いますが、マイナ保険証は、医療費の負担軽減やオンライン資格確認システムによるスムーズな受診など、様々なメリットがあります。

この記事では、マイナ保険証の必要性やメリットを理解し、スムーズに取得するための方法を、わかりやすく説明します。

マイナ保険証の取得を迷っている方、作り方を知りたい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

マイナ保険証とは?

マイナ保険証の前提として知っておきたいこと

マイナ保険証を作るには、マイナンバーカードを健康保険証として利用する手続きが必要になります。ですので、まだマイナンバーカードを申し込んでいない方は、マイナンバーカードを取得する必要があります。

マイナ保険証とは何ですか?

マイナ保険証は、マイナンバーカードを健康保険証として利用する制度のことです。これにより、従来の紙またはプラスチック製の健康保険証が廃止され、マイナンバーカードが保険証として利用されるようになりました。

マイナンバーカードは、個人番号や氏名、住所、生年月日、性別などが記載されたカードであり、健康保険証として利用するための申請方法も複数用意されています。

マイナ保険証のメリット

マイナ保険証の利用には、医療機関での医療費が安くなるメリットがあります。

マイナ保険証を利用することで、医療機関での支払いがスムーズになったり、医療費控除の手続きが簡略化されたりします。

具体的なメリットとしては、窓口で限度額以上の支払いが不要になることや、就職・転職・引っ越し後も健康保険証として利用できることが挙げられます。

また、マイナポータルから保険医療を受けた記録が参照できるため、領収証を保管・提出する必要がなく、簡単に医療費控除申請の手続きができます。

マイナンバーカード保険証の義務化はいつからですか?

2023年10月から、マイナンバーカードを健康保険証として利用することが義務付けられ、全国すべての医療機関・薬局でマイナ保険証の利用が可能になりました。

マイナ保険証はなぜ必要か?

マイナ保険証の導入には、いくつかの理由があります。

まず、マイナ保険証は、従来の健康保険証よりも利便性が高く、手続きが簡素化されます。また、マイナ保険証の導入により、医療機関での医療費が安くなるメリットがあるということです。

さらに、マイナ保険証を利用することで、患者と医療関係者が診療情報や薬剤情報を共有できる体制が整い、患者は正確でよりよい医療を受けられると期待されています。これらの理由から、マイナ保険証の導入が推進されています。

マイナ保険証のメリット

マイナ保険証の利用には以下のようなメリットがあります。

  • 医療費の軽減・・・マイナ保険証を利用することで、窓口で限度額以上の支払いが不要になり、医療費が安くなる。
  • 手続きの簡素化・・・就職・転職・引っ越し後も健康保険証としてそのまま使用可能であり、保険証の切り替えが不要になる。
  • 情報共有の効率化・・・患者と医療関係者が診療情報や薬剤情報を共有できる体制を整え、患者は正確でよりよい医療を受けられる。

これらのメリットに加えて、マイナ保険証の利用により、国民の健康管理をサポートする体制づくりも進められています。

マイナ保険証のデメリット

マイナ保険証の利用には、以下のようなデメリットが報告されています。

  • マイナンバーカードの保管や紛失へのリスク・・・マイナ保険証としてマイナンバーカードを利用する場合、カードの保管や紛失によるリスクがあります。
  • 一部の医療機関での利用制限・・・まだ一部の医療機関での利用が制限されている場合があります。

これらのデメリットに加えて、個々の利用者によって異なる可能性があります。

マイナ保険証の医療機関や薬局での使い方↓↓↓

スポンサーリンク

マイナー保険証の作り方

マイナ保険証の作り方

マイナ保険証を作るには、以下の手順が必要です。

1. マイナンバーカードの取得

マイナ保険証は、マイナンバーカードに健康保険証機能を付与したものなので、まずマイナンバーカードを取得する必要があります。

マイナンバーカードの取得方法

  • 役所窓口
  • 郵送
  • オンライン申請

詳細は、マイナンバーカードで確認できます。

2. 健康保険証利用申込

マイナンバーカードを取得したら、健康保険証利用申込を行う必要があります。

健康保険証利用申込方法

  • マイナポータル
  • スマホ
  • コンビニ交付申請機

詳細は、マイナポータルで確認できます。

3. 利用開始

健康保険証利用申込が完了すると、利用開始通知が届きます。通知書に記載された利用開始月から、マイナ保険証を医療機関で利用できます。

マイナ保険証を作らないとどうなる?

マイナ保険証を作らないと、2024年秋以降、医療機関で保険診療を受ける際に以下のデメリットがあります。

1. 窓口での手続きが煩雑になる

  • 従来の健康保険証と本人確認書類(運転免許証など)を両方提示する必要があります。
  • 医療機関によっては、マイナンバーカード利用者よりも長い待ち時間が発生する可能性があります。

2. 一部負担金(自己負担額)の支払い方法が制限される

  • 窓口での現金支払いができなくなり、口座振替またはクレジットカード払いのみになります。

3. 高額療養費制度の利用手続きが煩雑になる

  • 高額療養費制度を利用する場合は、従来の健康保険証とマイナンバーカードの両方を提示する必要があります。

4. オンライン資格確認システムを利用できない

  • オンライン資格確認システムは、マイナンバーカードと健康保険証を一体化することで利用できるシステムです。このシステムを利用できないと、医療機関での手続きが煩雑になる可能性があります。

5. 将来的に、マイナンバーカードが社会保障制度の利用に必須になる可能性がある

  • マイナンバーカードは、将来的に、国民健康保険、国民年金、介護保険などの社会保障制度の利用に必須になる可能性があります。
スポンサーリンク

マイナ保険証に関するよくある質問

マイナ保険証の導入には、まだ反対も多いようですが・・・

マイナ保険証の導入には賛否があります。一部の報道によると、マイナ保険証を利用することで医療費が増加する可能性が指摘されています。また、若年層と高齢層では賛否が異なり、若年層は利便性を重視する一方、高齢層では不安が強い傾向があると報じられています。

一方で、マイナ保険証の導入により、医療機関での利用が容易になり、患者の負担が軽減されることが期待されています。

全国中小業者団体連絡会の交渉では、厚労省は「カードがない人に対しては、“保険証に代わる何か”を提供することになるとしか言いようがない。今後、検討する」との説明に終始し、取得は6割に。

マイナ保険証は家族全員で利用するものですか?

マイナ保険証は、家族全員で利用することが可能です。マイナンバーカードを健康保険証として利用する際には、家族全員がそれぞれのマイナンバーカードを利用するための手続きを行う必要があります。したがって、家族全員がマイナンバーカードを取得し、健康保険証として利用することが可能です。

子供もマイナ保険証を持つことになりますか?

マイナ保険証は、子供も利用することができます。

政府は、マイナンバーカードと健康保険証を一体化し、現行の健康保険証を廃止する方針を示しており、子供もマイナ保険証を利用することができます。

したがって、家族全員がマイナンバーカードを健康保険証として利用することが可能です。

マイナ保険証は何歳から作ることになりますか?

マイナ保険証は、2024年12月2日をもって健康保険証の新規発行が終了し、マイナンバーカードの保険証利用が基本となる予定です。

したがって、2024年12月2日以降は、マイナンバーカードを保険証として利用することになります。このため、マイナ保険証は2024年12月2日以降、全ての年齢の人にとって必要となります。

マイナ保険証を作るためには、どのような手続きが必要ですか?

マイナ保険証を作るためには、以下の手続きが必要です。

  1. マイナンバーカードの取得・・・まず、マイナンバーカードを取得する必要があります。マイナンバーカードは、氏名、住所、生年月日、性別などが記載された顔写真つきのカードで、申請すると無料で交付されます。
  2. 健康保険証利用の申込み・・・マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、マイナポータルから健康保険証利用の申込みを行う必要があります。
  3. 顔認証付きカードリーダーでの本人確認・・・健康保険証としてマイナンバーカードを利用する場合、医療機関・薬局において顔認証付きカードリーダーで本人確認を行っていただく必要があります。

これらの手続きを経て、マイナンバーカードを健康保険証として利用することができます。

既に持っているマイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、どのような手続きが必要ですか?

マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、以下の手続きが必要です。

  1. マイナンバーカードの取得・・・まず、マイナンバーカードを取得する必要があります。マイナンバーカードは、氏名、住所、生年月日、性別などが記載された顔写真つきのカードであり、申請すると無料で交付されます。
  2. 健康保険証利用の申込み・・・マイナポータルを利用して、マイナンバーカードを健康保険証として利用するための事前申込みを行う必要があります。
  3. 本人確認・・・医療機関や薬局での本人確認が必要です。マイナンバーカードを使用して、顔認証付きカードリーダーで本人確認が行われます。

これらの条件を満たすことで、マイナンバーカードを健康保険証として利用することができます。

まとめ:マイナー保険証の作り方|そもそもマイナ保険証とは?なぜ必要?

マイナ保険証は、医療費の負担軽減やスムーズな受診など、様々なメリットがある便利なツールです。

まだ取得していない方は、この記事を参考に、ぜひ取得を検討してみてください。

マイナ保険証の取得方法は、以下の3つです。

  • 市区町村窓口
  • コンビニ交付申請
  • オンライン申請

マイナ保険証の利用方法は、以下の2つです。

  • 医療機関での保険証提示
  • オンライン資格確認システム

マイナ保険証に関するよくある質問は、マイナンバー制度ポータルサイトなどで確認できます。

マイナ保険証は、今後さらに活用範囲が広がる予定です。

マイナ保険証について分かりやすい説明です≫東京不動産業健康保険組合のホームページ

タイトルとURLをコピーしました