インボイス制度は誰が決めた?なぜ始まった?政治的な意義は?

インボイス制度 くらし
スポンサーリンク


この記事では、インボイス制度の導入を決めた経緯や、提案した政治家について解説します。

インボイス制度は、2023年10月1日から導入される新しい仕入税額控除の方式です。適格請求書発行事業者が発行するインボイスを保存することで、仕入税額控除を受けることができます。

インボイス制度の導入には、消費税の適正な徴収や、中小企業の競争力強化などの目的があります。しかし、導入に伴う事務負担の増加や、脱税の温床となるのではないかといった懸念もあります。

この記事では、インボイス制度の導入を決めた経緯や、提案した政治家について解説するとともに、導入に伴うメリットとデメリットについても考察します。

インボイス制度に興味のある方や、導入に伴う対応を検討している方は、ぜひこの記事をご覧ください。

インボイス制度は誰が決めた?

インボイス制度を考えたのは誰ですか?

インボイス制度を考えたのは、日本政府の税制調査会です。税制調査会は、消費税の適正な徴収や、中小企業の競争力強化などを目的に、インボイス制度の導入を検討し、2020年12月に「消費税インボイス制度の在り方に関する中間報告」を公表しました。

中間報告では、インボイス制度の導入の必要性や、具体的な制度設計について、以下の点が提案されています。

  • インボイス制度は、2023年10月1日から導入する。
  • インボイスは、適格請求書発行事業者が発行する、税務署に登録された書類である。
  • 適格請求書発行事業者となるためには、税務署に登録申請を行う必要がある。

中間報告を受けて、政府は2022年3月に「消費税インボイス制度の導入に関する法律案」を閣議決定し、同年4月に国会に提出しました。同法案は、同年6月に衆議院で可決され、同年7月に参議院で可決・成立しました。

このように、インボイス制度は、日本政府の税制調査会が提案し、政府が導入を決定した制度です。

インボイス制度はなぜ始まりましたか?

インボイス制度が始まった理由は、大きく分けて以下の2つです。

  • 消費税の適正な徴収

2019年10月に軽減税率が導入されたことにより、消費税の税率が8%と10%の2段階となりました。そのため、仕入れにかかる消費税の税率が取引先によって異なる場合、仕入税額控除の際に正確な消費税額を算出することが難しくなりました。

インボイス制度は、取引の正確な消費税額と消費税率を把握するために導入された制度です。適格請求書には、商品・サービスの名称、数量、単価、税率、金額などが記載されており、これを保存することで、仕入税額控除を受けることができます。

  • 中小企業の競争力強化

免税事業者は、消費税の納税義務がないため、仕入税額控除を受けることができません。そのため、課税事業者との競争において不利になるという指摘がありました。

インボイス制度の導入により、免税事業者も適格請求書発行事業者となることで、仕入税額控除を受けることができるようになります。これにより、免税事業者の競争力が強化されることが期待されています。

このように、インボイス制度は、消費税の適正な徴収と中小企業の競争力強化を目的として導入された制度です。

スポンサーリンク

インボイス制度がやばいと言われる理由は何ですか?

インボイス制度が「やばい」と言われる理由は、大きく分けて以下の3つです。

  • 免税事業者の収入が減る可能性がある

インボイス制度の導入により、免税事業者は適格請求書発行事業者となることで、仕入税額控除を受けることができるようになります。そのため、免税事業者は課税事業者と競争するために、適格請求書発行事業者となることが求められます。

しかし、適格請求書発行事業者となるためには、税務署への登録申請が必要であり、手続きの負担やコストがかかります。また、適格請求書発行事業者になると、消費税の納税義務が生じるため、収入の一部が消費税として徴収されることになります。

そのため、免税事業者の中には、インボイス制度の導入により、収入が減ったり、事業を維持できなくなったりする可能性があると懸念する声があります。

  • 事務負担が増える

インボイス制度の導入により、取引先が適格請求書発行事業者かどうかを判断し、適格請求書を受け取る必要があります。また、適格請求書を保存する義務も生じます。

そのため、事業者にとっては、事務負担が増えることになります。特に、中小企業や個人事業主にとっては、大きな負担となる可能性があります。

  • 脱税の温床となるのではないか

インボイス制度は、消費税の適正な徴収を目的として導入された制度です。しかし、インボイスの偽造や不正発行などの問題が発生した場合、消費税の適正な徴収が困難になる可能性があります。

そのため、インボイス制度の導入により、脱税の温床となるのではないかという懸念もあります。

このように、インボイス制度は、消費税の適正な徴収や中小企業の競争力強化を目的として導入された制度ですが、免税事業者の収入減少や事務負担の増加、脱税の温床化などの懸念もあります。

インボイス制度に反対する理由は何ですか?

インボイス制度に反対する理由は、大きく分けて以下の3つです。

  • 免税事業者の収入減少

インボイス制度の導入により、免税事業者は適格請求書発行事業者となることで、仕入税額控除を受けることができるようになります。しかし、適格請求書発行事業者となるためには、税務署への登録申請が必要であり、手続きの負担やコストがかかります。また、適格請求書発行事業者になると、消費税の納税義務が生じるため、収入の一部が消費税として徴収されることになります。

そのため、免税事業者の中には、インボイス制度の導入により、収入が減ったり、事業を維持できなくなったりする可能性があると懸念する声があります。

  • 事務負担の増加

インボイス制度の導入により、取引先が適格請求書発行事業者かどうかを判断し、適格請求書を受け取る必要があります。また、適格請求書を保存する義務も生じます。

そのため、事業者にとっては、事務負担が増えることになります。特に、中小企業や個人事業主にとっては、大きな負担となる可能性があります。

  • 脱税の温床化

インボイス制度は、消費税の適正な徴収を目的として導入された制度です。しかし、インボイスの偽造や不正発行などの問題が発生した場合、消費税の適正な徴収が困難になる可能性があります。

そのため、インボイス制度の導入により、脱税の温床となるのではないかという懸念もあります。

具体的な反対意見としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 免税事業者の収入減少を補うための措置が十分に講じられていない。
  • 事務負担の増加により、中小企業や個人事業主の経営が圧迫される。
  • インボイスの偽造や不正発行が容易になる。

また、インボイス制度の導入により、消費税の税収が減少するのではないかという懸念もあります。

このように、インボイス制度には、免税事業者の収入減少や事務負担の増加、脱税の温床化などの懸念があり、そのために反対する声が上がっています。

スポンサーリンク

インボイス制度導入の政府の狙いは?

インボイス制度導入の政府の狙いは、大きく分けて以下の2つです。

  • 消費税の適正な徴収

2019年10月に軽減税率が導入されたことにより、消費税の税率が8%と10%の2段階となりました。そのため、仕入れにかかる消費税の税率が取引先によって異なる場合、仕入税額控除の際に正確な消費税額を算出することが難しくなりました。

インボイス制度は、取引の正確な消費税額と消費税率を把握するために導入された制度です。適格請求書には、商品・サービスの名称、数量、単価、税率、金額などが記載されており、これを保存することで、仕入税額控除を受けることができます。

インボイス制度の導入により、取引の消費税額を正確に把握できるようになるため、消費税の適正な徴収が期待されています。

  • 中小企業の競争力強化

免税事業者は、消費税の納税義務がないため、仕入税額控除を受けることができません。そのため、課税事業者との競争において不利になるという指摘がありました。

インボイス制度の導入により、免税事業者も適格請求書発行事業者となることで、仕入税額控除を受けることができるようになります。これにより、免税事業者の競争力が強化されることが期待されています。

このように、インボイス制度は、消費税の適正な徴収と中小企業の競争力強化を目的として導入された制度です。

インボイスとは政治において何ですか?

政治においてのインボイスとは、消費税の適正な徴収と中小企業の競争力強化を目的として、2023年10月1日から導入される制度です。

インボイス制度は、取引の正確な消費税額と消費税率を把握するために導入された制度です。適格請求書には、商品・サービスの名称、数量、単価、税率、金額などが記載されており、これを保存することで、仕入税額控除を受けることができます。

インボイス制度の導入により、取引の消費税額を正確に把握できるようになるため、消費税の適正な徴収が期待されています。また、免税事業者も適格請求書発行事業者となることで、仕入税額控除を受けることができるようになるため、中小企業の競争力が強化されることも期待されています。

インボイス制度の導入は、政治においても大きな議論を呼びました。賛成派は、インボイス制度の導入により、消費税の適正な徴収と中小企業の競争力強化が図られることを主張しました。一方、反対派は、インボイス制度の導入により、免税事業者の収入減少や事務負担の増加、脱税の温床化などの問題が発生する可能性があることを主張しました。

最終的に、政府はインボイス制度の導入を決定しましたが、免税事業者の収入減少や事務負担の増加を補うための措置を講じるとともに、インボイスの偽造や不正発行を防止するための対策を講じていくことを明確にしました。

このように、インボイス制度は、政治においても重要な議論の対象となった制度です。今後、インボイス制度がどのように運用されていくのか、その動向が注目されます。

インボイス制度の導入が、なぜ脱税の温床となる恐れがあるのでしょうか

インボイス制度の導入が脱税の温床となる恐れがある理由は、主に以下の2つです。

  1. インボイスの偽造や不正発行の可能性

インボイス制度では、適格請求書発行事業者が発行するインボイスを保存することで、仕入税額控除を受けることができます。そのため、インボイスの偽造や不正発行により、消費税の納税を免れようとする脱税行為が懸念されます。

インボイスの偽造や不正発行には、以下のようなものが挙げられます。

  • 適格請求書発行事業者ではない事業者が、適格請求書を発行する
  • 適格請求書に虚偽の記載をする
  • インボイスを偽造する

インボイスの偽造や不正発行は、国税庁による税務調査によって発覚する可能性がありますが、発覚率は必ずしも高くありません。

  1. 免税事業者への影響

インボイス制度の導入により、免税事業者は、仕入税額控除を受けることができなくなります。そのため、免税事業者は、消費税の負担を直接負うことになります。

免税事業者は、中小企業や個人事業主が多くを占めています。そのため、インボイス制度の導入により、免税事業者の経営が圧迫され、脱税行為に走る可能性があるという指摘があります。

インボイス制度の導入により、脱税の温床となる可能性を抑えるために、国税庁は、以下の対策を講じるとしています。

  • インボイスの偽造や不正発行に対する監視の強化
  • 免税事業者への支援策の拡充

しかし、これらの対策が十分に効果を発揮するかどうかは、今後の運用状況を注視していく必要があります。

タイトルとURLをコピーしました