海外メディア絶賛!羽田空港の航空機火災、奇跡の脱出!

羽田空港 航空機火災 ニュース
スポンサーリンク

羽田空港で起きた航空機衝突事故で、乗客と乗員379人全員が脱出したことが、海外メディアでも大きく報じられました。

事故は、2024年1月2日、午後6時前に発生しました。新千歳空港発・羽田空港行きのJAL516便が着陸態勢に入っていた際、海上保安庁の航空機と衝突し、炎上しました。

JAL516便には、乗客367人、乗員12人が搭乗していましたが、全員が脱出し、けが人はいませんでした。一方、海上保安庁の航空機には、機長と5人の乗員が搭乗していましたが、機長を含む5人が死亡しました。

この事故は、日本航空史上最悪の事故となった一方で、全員が脱出したことは奇跡と称されています。

この記事では、羽田空港の航空機火災の概要と、海外メディアの報道内容を紹介します。

羽田空港の航空機火災 状況

羽田空港の航空機火災

2024年1月2日、羽田空港のC滑走路で、日本航空機と海上保安庁の航空機が衝突し、炎上する事故が発生しました。

事故の概要は以下のとおりです。

  • 午後6時前、羽田空港のC滑走路で、新千歳空港発・羽田空港行きのJAL516便と、羽田空港基地に所属して警備救難業務を行う海上保安庁の航空機(ベル412EP型機)が衝突しました。
  • JAL516便には、乗客367人、乗員12人が搭乗していましたが、全員が脱出できました。東京消防庁によると、日本航空516便の乗員・乗客のうち14人がけがをしたとのことですが、命に別状はなく、けがの程度も軽いということです。
  • 海上保安庁の航空機には、機長と5人の乗員が搭乗していましたが、機長を除く5人が死亡しました。機長は重傷だということです。
  • 海上保安庁によると、日本航空の機体と衝突した海上保安庁の機体は2009年3月に就役し、これまで事故を起こしたことはないとのことです。
  • 機体を操縦していた宮本元気機長(39)は2019年4月から羽田航空基地に所属し、2017年2月から同型機の機長を務めており、機長として4年11か月の経験があるということです。

事故原因は、現在調査中ですが、JAL516便が着陸態勢に入っていた際に、海上保安庁の航空機が滑走路を横切ろうとした際に衝突したとみられています。

この事故の影響で、羽田空港の国内線は、ほとんどの便が2日の発着を取りやめました。また、事故現場の滑走路は、消火活動や調査のため、数日間閉鎖されました。

羽田空港の航空機火災 海外の報道は?

海外メディアが日航機の乗客乗員を称賛

2024年1月2日に羽田空港で発生した航空機衝突事故は、海外メディアでも大きく報じられました。

アメリカのニューヨーク・タイムズは、「羽田空港で衝突事故、乗客乗員全員脱出」と題した記事で、事故の概要と、全員が脱出したことを「奇跡」と報じました。

イギリスのBBCは、「羽田空港で日本航空機が炎上、乗客乗員379人全員脱出」と題した記事で、事故の様子と、海上保安庁の航空機の乗員5人が死亡したことを伝えました。

中国の環球時報は、「羽田空港で航空事故、中国メディアが報道」と題した記事で、中国メディアの報道内容をまとめました。

海外メディアの報道では、全員が脱出したことを「奇跡」と称する声が多く見られました。また、事故の原因や、今後の航空安全対策についても、様々な意見が報じられました。

≫ 「最も過酷な状況で模範的な避難」海外メディアが日航機の乗客乗員を称賛

羽田空港の状況

2024年1月2日に羽田空港で発生した航空機衝突事故は、午後6時前、羽田空港のC滑走路で発生しました。新千歳空港発・羽田空港行きのJAL516便(ボーイング737-800型機)と、羽田空港基地に所属して警備救難業務を行う海上保安庁の航空機(ベル412EP型機)が衝突し、炎上しました。

事故の影響で、羽田空港の国内線は、ほとんどの便が2日の発着を取りやめました。また、事故現場の滑走路は、消火活動や調査のため、数日間閉鎖されました。

事故現場は、羽田空港の滑走路17Rの南端に位置していました。この滑走路は、羽田空港のメイン滑走路であり、国内線と国際線の両方の離着陸に使用されています。事故当時、この滑走路は、着陸待ちの飛行機で混雑していたとみられています。

事故の発生直後、羽田空港では、緊急避難の指示が出され、乗客や乗員は、脱出用のスライダーや非常口から避難しました。JAL516便には、乗客367人、乗員12人が搭乗していましたが、全員が脱出し、けが人はいませんでした。一方、海上保安庁の航空機には、機長と5人の乗員が搭乗していましたが、機長を含む5人が死亡しました。

スポンサーリンク

羽田空港の航空機火災 原因の究明

2024年1月2日に羽田空港で発生した航空機衝突事故の原因は、現在も調査中ですが、以下の2つの可能性が指摘されています。

  • JAL516便の着陸態勢と海上保安庁の航空機の滑走路横断のタイミングが重なった

事故当時、羽田空港の滑走路17Rは、着陸待ちの飛行機で混雑していたとみられています。JAL516便は、滑走路に進入許可を受けていましたが、海上保安庁の航空機は、滑走路を横切ろうとしていました。両機のタイミングが重なったことで、衝突に至ったと考えられています。

  • 海上保安庁の航空機が滑走路の横断を開始する際に、管制官の指示に従っていなかった

事故のブラックボックスの解析によると、海上保安庁の航空機は、滑走路の横断を開始する際に、管制官から指示された「滑走路の南端まで進んだら停止」という指示に従っていなかったとみられています。もし、この指示に従っていた場合、衝突を回避できた可能性もあると考えられています。

今後、運輸安全委員会は、これらの可能性を踏まえて、事故原因の究明を進めるとしています。

ニュース
スポンサーリンク
smwpをフォローする
スポンサーリンク
ニュースふかぼり
タイトルとURLをコピーしました