イクイノックス 強すぎ! 感動!出身や血統、成績、賞金など

イクイノックス ニュース
スポンサーリンク

2023年11月26日、東京競馬場で行われた第43回ジャパンカップで、イクイノックスが優勝を果たしました。

この競走では、世界最強馬イクイノックスが歴史的な決戦を制し、G1競走6連勝を達成しました。

イクイノックスは、2021年11月の東スポ杯2歳ステークスでデビューし、その後も皐月賞、天皇賞(春)、菊花賞と、G1を4連勝。2001年のディープインパクト以来、22年ぶりの3冠馬となりました。

ジャパンカップでは、前走の天皇賞(秋)で左前脚に屈腱炎を発症したものの、順調に回復して臨み、見事復活優勝を飾りました。

イクイノックスの強さは、その圧倒的なスピードとスタミナにあります。デビューからG1を連勝するなど、その強さは誰もが認めるところです。また、屈腱炎という致命的な故障を乗り越えての復活優勝は、まさに感動を呼ぶものでした。

この記事では、イクイノックスの強さの秘密や、ジャパンカップのレース展開を振り返り、その感動をもう一度味わってみたいと思います。

イクイノックス 強すぎ! 感動しかない!

第43回ジャパンカップで、世界最強馬イクイノックスが歴史的な決戦を制し、G1競走6連勝を達成

2023年11月26日、東京競馬場で行われた第43回ジャパンカップにおいて、イクイノックスが優勝しました。これは、イクイノックスにとって、G1競走6連勝目となります。

イクイノックスは、2021年11月の東スポ杯2歳ステークスでデビューし、その後も皐月賞、天皇賞(春)、菊花賞と、G1を4連勝。2001年のディープインパクト以来、22年ぶりの3冠馬となりました。

ジャパンカップでは、前走の天皇賞(秋)で左前脚に屈腱炎を発症したものの、順調に回復して臨み、見事復活優勝を飾りました。

この勝利は、以下の点で歴史的な決戦と言えます。

  • イクイノックスは、グレード制が導入された1984年以降では、史上最長となるG1競走6連勝を達成しました。
  • イクイノックスは、屈腱炎という致命的な故障を乗り越えての復活優勝となりました。
  • イクイノックスは、日本競馬の最高峰であるジャパンカップを制覇し、世界最強馬の地位を不動のものにしました。

イクイノックスの活躍は、競馬ファンを熱狂させ、日本競馬のさらなる発展に貢献しています。今後も、イクイノックスの活躍から目が離せません。

イクイノックスの出身は?

イクイノックスの出身は、2019年3月23日、北海道安平町のノーザンファームです。

ノーザンファームは、日本を代表する競走馬生産牧場であり、これまでにディープインパクト、オルフェーヴル、コントレイルなど、数々の名馬を輩出しています。

イクイノックスは、ノーザンファームの生産馬としては、2001年のディープインパクト以来、22年ぶりの3冠馬となりました。

イクイノックスの父は、2016年、2017年の年度代表馬であるキタサンブラックです。母は、2011年のマーメイドステークスを制したシャトーブランシュです。

イクイノックスは、父キタサンブラックの初年度産駒であり、デビューからG1を連勝するなど、圧倒的な強さを見せています。今後の活躍が期待される競走馬です。

イクイノックスの血統は?

イクイノックスの血統は、以下のとおりです。

イクイノックスの父はキタサンブラックであり、母はシャトーブランシュ。

父のキタサンブラックは、2016年、2017年の年度代表馬であり、皐月賞、天皇賞(春)、菊花賞、有馬記念と、G1を4勝した名馬です。母のシャトーブランシュは、2011年のマーメイドステークスを制した馬です。

イクイノックスの血統は、父のキタサンブラックからパワーとスタミナ、母のシャトーブランシュからスピードを受け継いでいます。また、母父のキングヘイローは、高松宮記念を制した名馬であり、スピードと切れ味をプラスしています。

これらの血統から、イクイノックスは、長距離でも短距離でも力を発揮できる、バランスの良い馬と言えるでしょう。

イクイノックス なぜ強い?

イクイノックスの強さは、以下の3つの理由に要因があると考えられます。

  1. 高いスピードとスタミナ

イクイノックスは、高いスピードとスタミナを兼ね備えた馬です。2023年11月26日のジャパンカップでは、2400mのレースを2分21秒8の日本レコードで優勝しました。これは、スピードとスタミナの両方を兼ね備えた馬でなければ達成できない記録です。

  1. 高い競走能力

イクイノックスは、高い競走能力を備えた馬です。レース展開に応じて、先行、差し、追い込みと、さまざまな競馬をこなすことができます。また、レース中に展開が変化しても、冷静にレースを運ぶことができます。

  1. 高いメンタル

イクイノックスは、高いメンタルを備えた馬です。前走の天皇賞(秋)で屈腱炎を発症し、休養を余儀なくされました。しかし、順調に回復してジャパンカップに臨み、見事復活優勝を飾りました。これは、高いメンタルがなければ成し遂げられない偉業です。

これらの理由により、イクイノックスは、史上最長となるG1競走6連勝を達成し、世界最強馬の地位を不動のものにしました。

イクイノックスの成績

2023年11月26日現在、イクイノックスの成績は以下のとおりです。

通算成績は10戦8勝。重賞は2021年東京スポーツ杯2歳ステークス(G2)、22年天皇賞・秋(G1)、有馬記念(G1)、23年ドバイシーマクラシック(G1)、宝塚記念(G1)、天皇賞・秋(G1)に次いで7勝目。

鞍上のC.ルメール騎手は同レース4勝目、管理する木村哲也調教師は初勝利。

イクイノックスの通算成績は以下の通りです。

  • 通算成績: G1競走6連勝
  • 総獲得賞金: 22億1544万6100円

イクイノックスは、デビューからG1を連勝するなど、圧倒的な強さを見せています。特に、皐月賞、天皇賞(春)、菊花賞と、3つのG1を制覇したのは、2001年のディープインパクト以来、22年ぶりの快挙です。

イクイノックスの活躍は、競馬ファンを熱狂させ、日本競馬のさらなる発展に貢献しています。今後も、イクイノックスの活躍から目が離せません。

イクイノックスの総獲得賞金は?

イクイノックスの総獲得賞金は22億円を超えており、これにより歴代1位の記録を達成しました。

この記録は、イクイノックスが国内外のG1競走で6連勝を果たし、史上初の総獲得賞金20億円超えを達成したことによるものです。

イクイノックスの獲得賞金、他の馬と比べると?

イクイノックスの総獲得賞金は、歴代最多の20億円を突破し、22億1544万6100円となりました。

この記録は、イクイノックスが国内外のG1競走で6連勝を果たし、史上初の総獲得賞金20億円超えを達成したことによるものです。

この記録は、アーモンドアイの19億1526万3900円を上回り、歴代1位となりました。イクイノックスの総獲得賞金は、他の競走馬と比較しても圧倒的な記録を持っています。

総獲得賞金歴代トップ3

1位・イクイノックス(22億1544万6100円)

2位・アーモンドアイ(19億1526万3900円)

3位・キタサンブラック(18億7684万3000円)

イクイノックス 引退の可能性は?

2023年11月26日現在、イクイノックスの引退の可能性は、高いと考えられています。

その理由としては、以下の2つが挙げられます。

  1. 体調面の不安

イクイノックスは、2023年10月29日の天皇賞(秋)で、レース中に左前脚の屈腱炎を発症しました。屈腱炎は、競走馬の致命的な故障の一つであり、完治までに数ヶ月から数年かかる場合もあります。

イクイノックスは、天皇賞(秋)で優勝を果たしたものの、レース後には左前脚に違和感を訴えていました。その後、検査の結果、屈腱炎と診断されました。

イクイノックスは、現在は順調に回復を続けており、年明けには復帰する予定です。しかし、屈腱炎の完治には時間がかかることから、引退を視野に入れて調整される可能性が高いと考えられます。

  1. 種牡馬としての価値

イクイノックスは、父キタサンブラックの初年度産駒であり、デビューからG1を連勝するなど、圧倒的な強さを見せています。そのため、種牡馬としての価値は非常に高く、すでに多くの繁殖牝馬が集まっています。

イクイノックスの種牡馬としての価値を最大限に高めるためには、早めに種牡馬入りすることが望ましいと考えられます。そのため、引退して種牡馬入りする可能性も高いと言えます。

もちろん、イクイノックスの最終的な決断は、馬主や管理する厩舎が下すことになります。しかし、現時点では、引退の可能性が高いと考えられます。

イクイノックス 強すぎ! 感動しかない!:まとめ

2023年11月26日、東京競馬場で行われた第43回ジャパンカップで、イクイノックスが優勝を果たした。

イクイノックスは、2021年11月の東スポ杯2歳ステークスでデビューし、その後も皐月賞、天皇賞(春)、菊花賞と、G1を4連勝。2001年のディープインパクト以来、22年ぶりの3冠馬となった。

ジャパンカップでは、前走の天皇賞(秋)で左前脚に屈腱炎を発症したものの、順調に回復して臨み、見事復活優勝を飾った。

イクイノックスの強さは、その圧倒的なスピードとスタミナにあります。デビューからG1を連勝するなど、その強さは誰もが認めるところです。また、屈腱炎という致命的な故障を乗り越えての復活優勝は、まさに感動を呼ぶものでした。

イクイノックスは、圧倒的な強さと感動的な復活劇で、競馬ファンを魅了し続けています。今後も、イクイノックスの活躍から目が離せません。

イクイノックスの強さは、以下の3つの要素から成り立っていると言えるでしょう。

  • 父キタサンブラック譲りのパワーとスタミナ
  • 母シャトーブランシュ譲りのスピード
  • 高い競走能力

特に、父キタサンブラック譲りのパワーとスタミナは、イクイノックスの強さの根幹を成しています。イクイノックスは、長距離でも短距離でも力を発揮できる、バランスの良い馬です。

また、母シャトーブランシュ譲りのスピードも、イクイノックスの強さに大きく貢献しています。イクイノックスは、スタートから先行して主導権を握ることが多く、瞬発力でライバルを振り切るレースをすることもしばしばあります。

さらに、イクイノックスは、高い競走能力を備えています。レース展開を読み、適切なタイミングで仕掛けることができ、勝負強いレース運びを見せています。

イクイノックスの屈腱炎からの復活は、まさに奇跡の復活と言えるでしょう。屈腱炎は、競走馬の致命的な故障の一つであり、完治までに数ヶ月から数年かかる場合もあります。

しかし、イクイノックスは、順調に回復を続けて、ジャパンカップで見事復活優勝を飾りました。この復活劇は、競馬ファンだけでなく、多くの人々に感動を与えました。

イクイノックスの今後の活躍が、ますます楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました