【2024年1月】ダイハツの不正、その後の状況は?現状のまとめ

ダイハツ「ムーヴ キャンバス」 ニュース
スポンサーリンク

この記事では、2023年4月に発覚したダイハツの不正問題のその後の状況を、2024年1月時点の最新情報に基づいてまとめています。

ダイハツは、軽自動車「ムーヴ」のドアトリムの強度試験において、データの改ざんを行っていたことが発覚し、国内での生産・販売を停止しました。その後、第三者委員会の調査が行われ、2024年1月12日に調査報告書が公表されました。

調査報告書によると、不正の原因は、車両開発の短期化を急ぐあまり、認証試験部門の負担が増大したことによるものと指摘されています。また、認証試験部門の体制が不十分だったことも、不正を助長した要因として挙げられています。

ダイハツは、報告書を受け、再発防止策として、認証試験部門の体制強化や、開発プロセスの見直しなどを進めるとしています。また、トヨタも、ダイハツの再発防止策を支援するとしています。

ダイハツの不正、その後の状況

2023年4月不正発覚、2023年12月には174個の不正行為が判明

2023年4月、ダイハツが軽自動車「ムーヴ」のドアトリムの強度試験において、データの改ざんを行っていたことが発覚しました。その後、調査が進むにつれて、不正の範囲が拡大し、2023年12月には、64車種・3エンジンで、25の試験項目において、174個の不正行為があったことが判明しました。

2023年12月20日、生産・販売を停止

この不正を受け、ダイハツは2023年12月20日、生産・販売を停止しました。また、トヨタも、ダイハツからOEM供給を受けている「ルーミー」「タンク」などの生産・販売を停止しました。

2024年1月12日、第三者委員会の調査報告書を公表

ダイハツは、2024年1月12日、第三者委員会の調査報告書を公表しました。報告書によると、不正の原因は、車両開発の短期化を急ぐあまり、認証試験部門の負担が増大したことによるものと指摘されています。また、認証試験部門の体制が不十分だったことも、不正を助長した要因として挙げられています。

ダイハツは、報告書を受け、再発防止策として、認証試験部門の体制強化や、開発プロセスの見直しなどを進めるとしています。また、トヨタも、ダイハツの再発防止策を支援するとしています。

ダイハツの不正は、自動車業界に大きな衝撃を与えました。今後、ダイハツがどのように再発防止策を実行し、信頼回復に努めていくのか、注目されます。

具体的な再発防止策としては、以下のようなものが挙げられています。

  • 認証試験部門の体制強化
    • 人員の増強
    • 教育・研修の充実
  • 開発プロセスの見直し
    • 試験の重要性や目的の明確化
    • 試験の計画・実施・評価の分離
  • 内部監査の強化
    • 不正の兆候を早期に発見するための仕組みの整備

ダイハツは、これらの再発防止策を着実に実行し、信頼回復に努めることが求められています。

ダイハツの社員は、今、どうしているか?

ダイハツの社員は、不正発覚後、生産・販売停止に伴う休業や、不正に関与した社員の処分など、大きな影響を受けています。

生産・販売停止に伴い、ダイハツの社員は、休業や出向、配置転換などの措置が取られています。休業中の社員は、休業手当が支給されていますが、収入が大幅に減少しています。また、出向や配置転換された社員は、新たな職場での業務に慣れるまで、不安やストレスを感じているようです。

不正に関与した社員は、懲戒処分を受けています。懲戒処分の種類は、減給、降格、停職、解雇などさまざまですが、不正の程度や、本人の反省の度合いなどによって、処分の内容が決定されます。

ダイハツの社員は、不正発覚により、大きなショックを受けています。また、不正の再発防止に向けて、会社がどのような取り組みを行っていくのか、不安視しています。

ダイハツは、再発防止策を着実に実行し、信頼回復に努めることで、社員の不安を払拭し、安心して働ける環境を整えていく必要があるでしょう。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 再発防止策の具体的な内容やスケジュールを、社員に丁寧に説明し、理解を深める
  • 社員の不安や疑問に、真摯に耳を傾け、適切に対応する
  • 再発防止に向けた取り組みにおいて、社員の意見やアイデアを積極的に活用する

ダイハツがこれらの取り組みを進めることで、社員の信頼を取り戻し、再び成長を続けていくことができるでしょう。

スポンサーリンク

よくある質問

ダイハツの従来の国内シェアは?

ダイハツの従来の国内シェアは、2022年度で軽自動車において33.0%、コンパクトカーにおいて13.1%でした。

軽自動車においては、2006年度から17年連続でシェアトップを獲得しており、国内軽自動車市場の約3分の1を占めています。コンパクトカーにおいても、2021年度まで10年連続でシェアトップを獲得しており、国内コンパクトカー市場の約13%を占めています。

ダイハツは、軽自動車やコンパクトカーなどの小型車を得意とするメーカーとして知られており、国内市場において大きなシェアを獲得していました。しかし、2023年4月に軽自動車「ムーヴ」のドアトリムの強度試験において、データの改ざんを行っていたことが発覚し、国内での生産・販売を停止しました。

ダイハツは、2024年1月20日に再発防止策を発表し、生産・販売を再開しました。しかし、不正発覚の影響により、国内シェアは減少する可能性があるとみられています。

ダイハツの従来の販売台数は?

ダイハツの従来の販売台数は、2022年度で国内で約87万台、海外で約163万台の合計約250万台でした。

国内では、軽自動車が約62万台、コンパクトカーが約25万台、その他が約10万台でした。海外では、アジアが約110万台、中南米が約20万台、欧州が約20万台、その他が約13万台でした。

ダイハツは、軽自動車やコンパクトカーなどの小型車を得意とするメーカーとして知られており、国内では軽自動車市場の約3分の1、コンパクトカー市場の約13%を占めています。また、海外でも、アジアを中心に高いシェアを獲得しています。

しかし、2023年4月に軽自動車「ムーヴ」のドアトリムの強度試験において、データの改ざんを行っていたことが発覚し、国内での生産・販売を停止しました。

ダイハツは、2024年1月20日に再発防止策を発表し、生産・販売を再開しました。しかし、不正発覚の影響により、販売台数は減少する可能性があるとみられています。

ダイハツの不正、今後の国内シェアや販売台数にどのように影響する?

ダイハツの不正は、国内シェアや販売台数に大きな影響を与える可能性があるとみられています。

国内においては、不正発覚により、ダイハツに対する消費者の信頼が低下する可能性があります。そのため、軽自動車やコンパクトカーなどの主力車種の販売が減少し、国内シェアが減少する可能性があります。

また、不正発覚により、ダイハツのブランドイメージが低下する可能性もあります。そのため、新規顧客の獲得が難しくなり、販売台数の減少につながる可能性があります。

具体的には、以下の影響が考えられます。

  • 軽自動車市場において、ダイハツのシェアが減少する
  • コンパクトカー市場において、ダイハツのシェアが減少する
  • 新規顧客の獲得が難しくなる

ダイハツは、再発防止策を着実に実行し、信頼回復に努めることで、これらの影響を最小限に抑える必要があるでしょう。

具体的には、以下の取り組みが考えられます。

  • 再発防止策の具体的な内容やスケジュールを、消費者に丁寧に説明し、理解を深める
  • 消費者の不安や疑問に、真摯に耳を傾け、適切に対応する
  • 信頼回復に向けた取り組みにおいて、消費者の意見やアイデアを積極的に活用する

ダイハツがこれらの取り組みを進めることで、消費者の信頼を取り戻し、国内シェアや販売台数の回復を図ることができるでしょう。

ダイハツの皆さん、頑張って!

ダイハツは、これまでに軽自動車やコンパクトカーなどの小型車を得意とするメーカーとして、国内市場において大きなシェアを獲得してきました。また、海外でも、アジアを中心に高いシェアを獲得しています。

ダイハツが再び信頼を取り戻し、日本の自動車業界をリードする存在となることを期待しています。

また、ダイハツの社員の方々にも、激励の言葉を贈りたいです。

ダイハツの不正は、社員の皆様にとって、大きなショックだったと思います。しかし、ダイハツが再発防止策を着実に実行し、信頼回復に努めることで、必ずや乗り越えることができると信じています。

社員の皆様が、再び誇りを持ってダイハツで働ける日が来ることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました