自転車のヘルメットはなんでもいいですか?安全規格に合格品を選びましょう!

自転車のヘルメット くらし
スポンサーリンク


この記事では、自転車のヘルメットの安全規格について解説します。

自転車のヘルメットは、万が一の事故の際に頭部を守るために重要なものです。しかし、ヘルメットの種類や安全性については、意外と知られていないのではないでしょうか。

この記事では、自転車用ヘルメットの安全規格の種類や、安全規格を満たしたヘルメットの選び方について、わかりやすく解説します。

自転車用ヘルメットの安全規格について正しく理解することで、あなたも頭部をしっかりと守ることができます。ぜひ、この記事を参考に、安全なヘルメットを選んでください。

自転車のヘルメットはなんでもいいですか?

自転車のヘルメットはなんでもいいわけではありません。

自転車のヘルメットは、万が一の事故の際に頭部を守るために重要なものです。しかし、ヘルメットの種類や安全性については、意外と知られていないのではないでしょうか。

ヘルメットは、その形状や構造によって、衝撃を吸収する性能が大きく異なります。そのため、自転車用ヘルメットは、自転車の運転を想定して設計された、安全規格に合格したヘルメットを選ぶことが重要です。

自転車用ヘルメットの安全規格の種類

日本では、自転車用ヘルメットの安全規格として、以下の2つが定められています。

  • PSCマーク
  • SGマーク

PSCマークは、自転車用ヘルメットの安全性を示す最も基本的なマークです。PSCマークが付いているヘルメットであれば、最低限の安全基準を満たしています。

SGマークは、PSCマークよりも厳しい安全基準を満たしたヘルメットに付けられるマークです。SGマークが付いているヘルメットは、より高い安全性を確保できます。

また、自転車用ヘルメットのサイズも重要です。ヘルメットがきつすぎると、衝撃が頭部に集中してしまいます。逆に、緩すぎるとヘルメットがずれて、衝撃を十分に吸収できなくなってしまいます。

ヘルメットを購入する際は、必ず試着して、自分の頭にしっかりとフィットするサイズを選びましょう。

自転車に乗る際には、安全規格に合格したヘルメットを正しく着用することが、頭部を守るために最も重要です。

安全規格を満たしたヘルメットの選び方

安全規格を満たしたヘルメットを選ぶためには、以下のポイントを押さえましょう。

  • 安全規格を確認する

ヘルメットには、安全規格を満たしていることを示すマークが付いています。日本では、以下の2つの安全規格が定められています。

  • PSCマーク
  • SGマーク

PSCマークは、自転車用ヘルメットの安全性を示す最も基本的なマークです。PSCマークが付いているヘルメットであれば、最低限の安全基準を満たしています。

SGマークは、PSCマークよりも厳しい安全基準を満たしたヘルメットに付けられるマークです。SGマークが付いているヘルメットは、より高い安全性を確保できます。

ヘルメットを購入する際は、必ずこのマークを確認しましょう。

  • 自分の頭の大きさに合ったものを選ぶ

ヘルメットがきつすぎると、衝撃が頭部に集中してしまいます。逆に、緩すぎるとヘルメットがずれて、衝撃を十分に吸収できなくなってしまいます。

ヘルメットを購入する際は、必ず試着して、自分の頭にしっかりとフィットするサイズを選びましょう。

  • 自分に合った種類を選ぶ

ヘルメットには、以下の3つの種類があります。

  • フルフェイス型
  • ハーフヘルメット型
  • オープンフェイス型

フルフェイス型は、頭部全体を覆うタイプで、最も安全性が高いです。ハーフヘルメット型は、頭部の前半分を覆うタイプで、フルフェイス型よりも軽量で通気性が良いです。オープンフェイス型は、頭部の前半分を覆うタイプで、最も軽量で通気性が良いです。

自分の用途や好みに合わせて、自分に合った種類を選びましょう。

  • デザインやカラーにもこだわる

ヘルメットは、ファッションの一部として選ぶのもおすすめです。自分の好きなデザインやカラーのヘルメットを選ぶことで、自転車に乗る楽しみがさらに広がります。

安全規格を満たしたヘルメットは、自転車に乗る際に必ず着用するようにしましょう。安全規格を満たしたヘルメットを正しく着用することで、万が一の事故の際に頭部をしっかりと守ることができます。

ヘルメットの正しい着用方法

ヘルメットの正しい着用方法は、以下のとおりです

  1. ヘルメットを頭にかぶります。
  2. ヘッドバンドを調整します。ヘッドバンドは、耳のすぐ上で、指が1本入る程度の隙間があるように調整します。
  3. アゴひもを調整します。アゴひもは、あごの下に人差し指が1本入る程度の隙間があるように調整します。
  4. ヘルメットが正しくかぶれているか確認します。ヘルメットの後頭部は、頭の一番高い位置にくる必要があります。また、ヘルメットが左右に動かないように、しっかりと固定されている必要があります。

ヘルメットの正しい着用方法を守ることで、万が一の事故の際に頭部をしっかりと守ることができます。

また、ヘルメットは、使用頻度や経年劣化によって、衝撃吸収性能が低下します。ヘルメットを長期間使用している場合は、定期的に交換するようにしましょう。

ヘルメットの正しい被り方/着用しないと、こんなに危険!

自転車の死亡事故の半数は頭部の損傷によるもの。そこでヘルメットの着用率を上げようと、4月から法改正により着用が全年齢で「努力義務」となる。長野県内の動きを取材した。 

ヘルメットの正しい被り方/ヘルメットを着用しないと非常に危険という動画です↓

まとめ:自転車のヘルメットはなんでもいいですか?安全規格に合格を選びましょう!

自転車のヘルメットは、万が一の事故の際に頭部を守るために重要なものです。そのため、自転車用ヘルメットは、自転車の運転を想定して設計された、安全規格に合格したヘルメットを選ぶことが重要です。

日本では、自転車用ヘルメットの安全規格として、以下の2つが定められています。

  • PSCマーク
  • SGマーク

PSCマークは、自転車用ヘルメットの安全性を示す最も基本的なマークです。PSCマークが付いているヘルメットであれば、最低限の安全基準を満たしています。

SGマークは、PSCマークよりも厳しい安全基準を満たしたヘルメットに付けられるマークです。SGマークが付いているヘルメットは、より高い安全性を確保できます。

また、自転車用ヘルメットのサイズも重要です。ヘルメットがきつすぎると、衝撃が頭部に集中してしまいます。逆に、緩すぎるとヘルメットがずれて、衝撃を十分に吸収できなくなってしまいます。

ヘルメットを購入する際は、必ず試着して、自分の頭にしっかりとフィットするサイズを選びましょう。

さらに、ヘルメットの正しい着用方法も重要です。ヘルメットが正しくかぶられていないと、万が一の事故の際に十分な保護効果を発揮できません。

ヘルメットの正しい着用方法は、以下のとおりです。

  1. ヘルメットを頭にかぶります。
  2. ヘッドバンドを調整します。ヘッドバンドは、耳のすぐ上で、指が1本入る程度の隙間があるように調整します。
  3. アゴひもを調整します。アゴひもは、あごの下に人差し指が1本入る程度の隙間があるように調整します。
  4. ヘルメットが正しくかぶれているか確認します。ヘルメットの後頭部は、頭の一番高い位置にくる必要があります。また、ヘルメットが左右に動かないように、しっかりと固定されている必要があります。

ヘルメットは、使用頻度や経年劣化によって、衝撃吸収性能が低下します。ヘルメットを長期間使用している場合は、定期的に交換するようにしましょう。

自転車に乗る際には、安全規格に合格したヘルメットを正しく着用することが、頭部を守るために最も重要です。安全なヘルメットを選んで、安心して自転車に乗りましょう。


電動アシスト付きママチャリをレンタルで乗れます!

【PR】詳細 ≫ 電動アシスト付きママチャリをレンタルで乗ることができます

【MBR】の電動アシスト付きママチャリのレンタルサービス

お子様の成長に合わせ、乗り換えOK!手数料なし!

最新の高性能自転車が購入するより安く利用できます!

契約後は更にお安く月単位の更新が可能に♪

購入時のように一度に多額のお金は必要ありません!

レンタル中の消耗品(バッテリー含む)交換は無料

不要になったら引取ってもらえるので処分に困らない♪

【PR】詳細 ≫ 電動アシスト付きママチャリをレンタルで乗る!


タイトルとURLをコピーしました