麻生氏のルッキズム発言ってなに?そもそもルッキズムとは?何が悪い?

麻生氏 ルッキズム ニュース
スポンサーリンク

この記事では、日本の政治家・麻生太郎氏の「上川陽子外相はそんなに美しい方とは言わないがようやっとる」発言について、ルッキズムという視点から解説します。

ルッキズム(lookism)とは、人を容姿の美醜によって評価し、身体的魅力に富む人とそうでない人を差別して扱うという考え方です。

麻生氏の発言は、まさにルッキズムの典型的な例と言えます。上川外相の容姿を男性の視点から評価し、容姿が基準に満たないと判断したことは、容姿だけで人を評価するルッキズムの考え方を示しています。

この発言は、日本の政治や社会におけるルッキズムの根深さを示すものであり、大きな批判を浴びました。

この記事では、麻生氏の発言をきっかけに、ルッキズムについて理解を深め、容姿による差別や偏見をなくすための取り組みについて考えていきたいと思います。

この記事が、ルッキズムに対する理解を深め、容姿による差別や偏見をなくすための取り組みにつながることを願っています。

麻生氏のルッキズム発言とは?

自民党の麻生太郎副総裁は、2024年1月28日、福岡県芦屋町で行った講演で、上川陽子外務大臣の容姿について「そんなに美しい方とは言わないがようやっとる」と発言しました一件です。

「ようやっとる」と言ってますから、本人は褒めたつもりでしょうが…。一言多かった!

この発言は、ネット上などで批判が相次ぎました

立憲民主党の塩村文夏参院議員は「今の令和の時代の永田町でふさわしくないと明らかに思います」と指摘。また、自民党の女性議員からも「国民が抱く自民党のイメージそのものです」など厳しい声が上がっています。

麻生氏の発言は、ルッキズム(外見重視)の典型的な例と言えます。容姿だけで人を評価することは、個人の能力や成果を軽視することにつながります。また、女性の容姿を男性の視点から評価することは、女性の活躍を阻害する可能性もあります。

麻生氏の発言は、日本の政治や社会におけるルッキズムの根深さを示すものと言えます。

今後、このような発言がなくなるよう、社会全体で意識を高めていくことが求められます。

ルッキズムがなぜ悪いか、その理由について

ルッキズム(外見重視)が悪いとされる理由は、以下の3つが挙げられます。

  1. 個人の能力や成果を軽視する

ルッキズムでは、容姿だけで人を評価するため、個人の能力や成果が軽視されてしまいます。そのため、能力や成果があるにもかかわらず、容姿が基準に満たないと判断された人は、不当に不利益を被る可能性があります。

  1. 差別や格差を助長する

ルッキズムでは、特定の容姿を持つ人に対して、優遇や差別が生じる可能性があります。そのため、ルッキズムが社会に蔓延すると、差別や格差が助長される可能性があります。

  1. 本人の心身の健康に悪影響を及ぼす

ルッキズムに基づく評価や差別を受けると、本人の心身の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。例えば、摂食障害やうつ病などの精神疾患を発症するリスクが高まると考えられています。

具体的には、以下の点が挙げられます。

  • 就職や昇進などの機会が不公平に与えられる可能性がある
  • 給与や待遇が不公平に決められる可能性がある
  • 社会的信用や評価が不当に低くなる可能性がある

また、ルッキズムによって、本人の自己肯定感が低下したり、自信を失ったりすることも考えられます。さらに、容姿を気にして、人と関わることを避けたり、外出を控えたりすることも考えられます。

麻生氏の発言はルッキズムの典型的な例:その理由は?

麻生氏の発言は、ルッキズム(外見重視)の典型的な例と言えます。その理由は、以下の3つが挙げられます。

  1. 容姿だけで人を評価している点

麻生氏は、上川外相の容姿について「そんなに美しい方とは言わない」と評価しています。この発言は、容姿だけで人を評価していることを示しています。

  1. 女性の容姿を男性の視点から評価している点

麻生氏は、上川外相の容姿を「美しい方とは言わない」と評価していますが、この評価は、男性の視点によるものです。女性の容姿を男性の視点から評価することは、女性の活躍を阻害する可能性もあります。

  1. 日本の政治を代表する人物の発言である点

麻生氏は、日本の政治を代表する人物です。そのため、麻生氏の発言は、大きな影響を与えます。麻生氏の発言は、日本の政治や社会におけるルッキズムの根深さを示すものと言えます。

具体的には、以下の点が挙げられます。

  • 容姿だけで人を評価することは、個人の能力や成果を軽視することにつながります。
  • 女性の容姿を男性の視点から評価することは、女性の活躍を阻害する可能性もあります。
  • 麻生氏は、日本の政治を代表する人物であるため、その発言が大きな影響を与えます。

麻生氏の発言は、日本の政治や社会におけるルッキズムの根深さを示すものであり、今後もこのような発言がなくなるよう、社会全体で意識を高めていくことが求められます。

過去にあった政治家のルッキズム

過去にあった政治家のルッキズムには、以下のようなものが挙げられます。

  • 石原慎太郎元東京都知事の「大年増の厚化粧」発言

石原氏は、2016年、当時東京都知事だった小池百合子氏について、「大年増の厚化粧」と発言しました。この発言は、女性の容姿を外見だけで評価する、ルッキズムの典型的な例とされています。

  • 稲田朋美元防衛大臣の「グッドルッキング」発言

稲田氏は、2017年、国際会議で、当時の米国のトランプ大統領について「グッドルッキング」と発言しました。この発言は、男性の容姿を外見だけで評価する、ルッキズムの典型的な例とされています。

  • 麻生太郎副総裁の「上川陽子外相の容姿」発言

麻生氏は、2024年、上川陽子外相の容姿について「そんなに美しい方とは言わない」と発言しました。この発言は、女性の容姿を男性の視点から評価する、ルッキズムの典型的な例とされています。

これらの発言は、いずれも、政治家という公の場で、容姿を評価する不適切なものとして、批判を浴びました。

また、過去には、選挙の際に、候補者の容姿を強調した選挙ポスターやテレビCMが制作されたケースもありました。このような選挙活動は、ルッキズムを助長する恐れがあるとして、問題視されています。

このように、政治の世界でも、ルッキズムは根強く存在しています。今後も、このような発言や活動がなくなるよう、社会全体で意識を高めていくことが求められます。

ルッキズムは典型的ないじめ!

ルッキズムは典型的ないじめと言えます。容姿に対する悪口は、いじめのきっかけになりやすく、いじめをエスカレートさせる恐れがあります。

例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • 目の形や鼻の形など、容姿の特徴を馬鹿にする
  • 太っている、痩せているなど、体型を馬鹿にする
  • 肌の色や髪の色など、肌や髪の特徴を馬鹿にする

このような悪口は、いじめの対象となった人の心を傷つけ、自信を失わせてしまう可能性があります。また、いじめの対象となった人が、人前で話したり、人と関わったりすることを避けるようになるなど、社会生活に支障をきたす可能性もあります。

具体的には、以下の点が挙げられます。

  • いじめの対象となった人の自己肯定感が低下する
  • いじめの対象となった人がうつ病や摂食障害などの精神疾患を発症する
  • いじめの対象となった人が学校や職場に行けなくなり、社会生活に支障をきたす

ルッキズムによるいじめをなくすためには?

ルッキズムによるいじめを防ぐためには、以下の点が重要です。

  • 容姿に対する悪口が、いじめのきっかけになる可能性があることを認識する

容姿に対する悪口は、いじめのきっかけになりやすく、いじめをエスカレートさせる恐れがあります。そのため、容姿に対する悪口が、いじめのきっかけになる可能性があることを認識することが大切です。

  • 容姿に対する悪口を、いじめとして認識し、毅然とした態度で対応する

容姿に対する悪口は、いじめとして認識し、毅然とした態度で対応することが大切です。いじめを放置すると、いじめがエスカレートする恐れがあります。

  • いじめの対象となった人を孤立させず、サポートする

いじめの対象となった人を孤立させず、サポートすることも大切です。いじめの対象となった人は、心を傷つけ、自信を失っている可能性があります。そのため、いじめの対象となった人を孤立させず、サポートすることで、いじめの被害を軽減することができます。

具体的には、以下の取り組みが挙げられます。

  • 学校や職場などで、ルッキズムによるいじめを防止するための教育や研修を行う

学校や職場などで、ルッキズムによるいじめを防止するための教育や研修を行うことで、容姿に対する悪口が、いじめのきっかけになる可能性があることを認識し、いじめを防止するための知識やスキルを身につけることができます。

  • メディアや広告などで、容姿に対する固定観念を打破するような取り組みを行う

メディアや広告などで、容姿に対する固定観念を打破するような取り組みを行うことで、容姿に対する偏見や差別をなくすことができます。

  • 個人のレベルで、容姿に対する悪口やいじめを見かけたら、毅然とした態度で対応する

個人のレベルで、容姿に対する悪口やいじめを見かけたら、毅然とした態度で対応することで、いじめを防止することができます。

このように、ルッキズムによるいじめを防ぐためには、社会全体で意識を高めていくことが求められます。

ルッキズムに関する:よくある質問

ルッキズムの問題点は?

ルッキズムとは、容姿だけで人を評価する考え方です。容姿の美醜で人を判断し、容姿が基準に満たしないと判断された人は、不当に不利益を被る可能性があります。

ルッキズムの問題点は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

1. 個人の能力や成果を軽視する

ルッキズムでは、容姿だけで人を評価するため、個人の能力や成果が軽視されてしまいます。そのため、能力や成果があるにもかかわらず、容姿が基準に満たないと判断された人は、不当に不利益を被る可能性があります。

例えば、容姿が基準に満たないと判断された人は、就職や昇進などの機会が不公平に与えられたり、給与や待遇が不公平に決められたり、社会的信用や評価が不当に低くなったりする可能性があります。

2. 差別や格差を助長する

ルッキズムでは、特定の容姿を持つ人に対して、優遇や差別が生じる可能性があります。そのため、ルッキズムが社会に蔓延すると、差別や格差が助長される可能性があります。

例えば、容姿が基準に満たすと判断された人は、就職や昇進などの機会に有利になったり、給与や待遇が有利に決まったり、社会的信用や評価が有利になったりする可能性があります。

3. 本人の心身の健康に悪影響を及ぼす

容姿に対する評価や差別を受けると、本人の心身の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。例えば、摂食障害やうつ病などの精神疾患を発症するリスクが高まると考えられています。

また、容姿を気にして、人と関わることを避けたり、外出を控えたりすることも考えられます。

このように、ルッキズムは、個人や社会にさまざまな問題を引き起こす可能性があるため、根絶に向けた取り組みが求められます。

日本 ルッキズム いつから?

日本におけるルッキズムの歴史は、古くからあると考えられています。例えば、平安時代には、貴族の間で、容姿の美醜が重要な地位や権力を得るための条件とされていました。また、江戸時代には、浮世絵や歌舞伎などを通じて、特定の容姿の美しさへの憧れが広まりました。

現代においても、日本では、容姿が就職や昇進などの機会に影響を与えていると感じる人が多くいます。また、容姿を理由にしたいじめや差別も、依然として存在しています。

ルッキズムが日本に根強く残っている背景には、以下の要因が考えられます。

  • 伝統的な美意識

日本には、古くから、白く細い顔、つぶらな目、小さな鼻などの容姿が美しいとされてきました。このような伝統的な美意識が、ルッキズムの根底にあると考えられています。

  • メディアの影響

テレビや雑誌などのメディアでは、美しい容姿の人が多く登場します。このようなメディアの影響によって、容姿に対する固定観念が強まると考えられています。

  • SNSの普及

SNSの普及により、誰でも簡単に自分の容姿を公開できるようになり、容姿に対する意識が高まりました。また、SNSでは、容姿に対するネガティブなコメントが書き込まれることも多く、ルッキズムを助長する可能性があります。

日本におけるルッキズムをなくすためには、以下の取り組みが必要と考えられています。

  • 容姿に対する固定観念を打破する

メディアや教育を通じて、さまざまな容姿の人の美しさを示すことで、容姿に対する固定観念を打破することが重要です。

  • 容姿だけで人を評価しない社会を創る

学校教育や社会教育を通じて、容姿だけで人を評価しない社会を創るための意識啓発を行うことが重要です。

  • 容姿を理由とした差別やいじめをなくす

容姿を理由とした差別やいじめをなくすための法整備や啓発活動を行うことが重要です。

日本では、近年、ルッキズムに対する意識が高まりつつあります。しかし、まだまだ根強い問題であることは事実です。一人ひとりが意識を高め、取り組んでいくことが大切です。

ルッキズムの傾向とは?

ルッキズムは、容姿だけで人を評価する考え方です。容姿の美醜で人を判断し、容姿が基準に満たしないと判断された人は、不当に不利益を被る可能性があります。

ルッキズムの傾向としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 美しい容姿の人ほど、成功しやすい

研究によると、美しい容姿の人は、そうでない人に比べて、就職や昇進などの機会に恵まれ、給与や待遇も高くなる傾向があることがわかっています。また、美しい容姿の人は、社会的信用や評価も高く、人から好かれやすい傾向があります。

  • 容姿の悪い人ほど、差別やいじめを受けやすい

容姿の悪い人は、そうでない人に比べて、差別やいじめを受けやすい傾向があります。例えば、容姿に対する悪口やいじめ、不当な扱いなどを受ける可能性があります。

  • 容姿に対する固定観念が強い

日本では、白く細い顔、つぶらな目、小さな鼻などの容姿が美しいとされてきました。このような伝統的な美意識が、ルッキズムの根底にあると考えられています。

また、近年は、SNSの普及により、容姿に対する意識が高まっています。そのため、容姿に対する固定観念が強まる可能性もあります。

ルッキズムを減らすためにできることは?

ルッキズムを減らすためにできることは、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

  1. 容姿に対する固定観念を打破する

メディアや教育を通じて、さまざまな容姿の人の美しさを示すことで、容姿に対する固定観念を打破することが重要です。

例えば、テレビや雑誌などのメディアでは、さまざまな容姿のモデルやタレント、俳優などを登場させ、容姿の多様性を示すことができます。また、学校教育や社会教育を通じて、容姿の多様性を受け入れ、容姿だけで人を評価しないことの大切さを教えることも重要です。

  1. 容姿だけで人を評価しない社会を創る

学校教育や社会教育を通じて、容姿だけで人を評価しない社会を創るための意識啓発を行うことが重要です。

例えば、学校では、容姿ではなく、能力や成果を評価する教育を行うことができます。また、社会では、容姿に対する差別やいじめをなくすための法整備や啓発活動を行うことができます。

  1. 容姿を理由とした差別やいじめをなくす

容姿を理由とした差別やいじめをなくすための法整備や啓発活動を行うことが重要です。

例えば、容姿を理由とした差別やいじめを禁止する法律を制定したり、容姿を理由とした差別やいじめの被害者を支援する制度を整備したりすることができます。

一人ひとりが、容姿に対する固定観念を打破し、容姿だけで人を評価しない社会を創るために、意識を高め、取り組んでいくことが大切です

麻生氏のルッキズム発言:記事のまとめ

麻生氏の発言は、日本の政治や社会におけるルッキズムの根深さを示すものであり、大きな批判を浴びました。

麻生氏の発言は、容姿だけで人を評価するルッキズムの典型的な例と言えます。上川外相の容姿を男性の視点から評価し、容姿が基準に満たないと判断したことは、容姿だけで人を評価するルッキズムの考え方を示しています。

この発言は、日本の政治や社会におけるルッキズムの根深さを示すものであり、大きな批判を浴びました。容姿だけで人を評価する考え方は、個人の能力や成果を軽視することにつながり、差別や格差を助長する可能性があります。

麻生氏の発言をきっかけに、ルッキズムについて理解を深め、容姿による差別や偏見をなくすための取り組みについて考えることが大切です。

ルッキズムによる差別や偏見をなくすためには、以下の取り組みが必要と考えられています。

  • 容姿に対する固定観念を打破する

メディアや教育を通じて、さまざまな容姿の人の美しさを示すことで、容姿に対する固定観念を打破することが重要です。

  • 容姿だけで人を評価しない社会を創る

学校教育や社会教育を通じて、容姿だけで人を評価しない社会を創るための意識啓発を行うことも重要です。

  • 容姿を理由とした差別やいじめをなくす

容姿を理由とした差別やいじめをなくすための法整備や啓発活動を行うことも重要です。

一人ひとりが、容姿に対する固定観念を打破し、容姿だけで人を評価しない社会を創るために、意識を高め、取り組んでいくことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました