「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」の違いは、なに?

くらし
スポンサーリンク

この記事では、2025年度から本格実施予定の「こども誰でも通園制度」と、現在多くの自治体で実施されている「一時預かり保育」の違いを徹底比較します。

どちらの制度も未就園児を預けることができますが、利用目的、利用頻度、利用時間、費用、利用対象、実施主体などが大きく異なります。

保育料無料の「こども誰でも通園制度」は、子どもの健やかな成長を促すことを目的とした新しい制度です。 一方、一時預かりは、保護者が一時的に保育が必要な場合に利用する制度です。

それぞれの特徴を理解した上で、自分に合った制度を選びましょう。

「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」の違い

「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」の違いを分かりやすく言うと

「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」の違いについて、まず、このような違いを知っておけば分かりやすいです。

  • 「一時預かり保育」は利用者と預かる園の間で完結する制度ですが、「こども誰でも通園制度」は行政が利用者や利用施設を把握し、支援が必要な家庭への関わりを連携・共有できるようになっています。
  • また、「一時預かり保育」は一時的に家庭での保育が困難になったときに乳幼児を預かる制度ですが、「こども誰でも通園制度」は保護者の就労時間を問わず、時間単位で保育園を利用できる新たな通園制度です
  • したがって、「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」は、利用方法や支援体制などにおいて異なる制度であると言えます。

「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」の違い

「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」は、利用目的や頻度、料金などが異なる制度です。

以下、表に整理しました。また、それぞれの制度の特徴の違いを詳しく対比しました。

主な違いを表に整理しました

項目     こども誰でも通園制度一時預かり
利用目的子どもの育ちの支援(遊びや学びを通して成長を促す)保護者の緊急時のサポート(冠婚葬祭、通院、買い物など)
利用頻度週2回まで(月8回まで)不定期
利用時間午前9時から午後2時まで(延長可)施設によって異なる
利用料金無料利用時間に応じた料金
対象年齢生後6か月から就学前まで施設によって異なる(生後5か月から5歳までが多い)
事前申請必要不要
利用方法自治体に申請直接施設に予約

その他の違い

  • こども誰でも通園制度は、保育士配置基準が適用されるため、質の高い保育を受けられます。
  • 一時預かりは、一時保育事業所だけでなく、認可保育園幼稚園でも実施されています。
  • こども誰でも通園制度は、利用状況が行政に把握されるため、支援が必要な家庭へのサポートに繋げられます。

どちらを選ぶべき?

  • 子どもの成長を促したい定期的に保育を利用したいという場合は、こども誰でも通園制度がおすすめ。
  • 緊急時に子どもを預けたい短時間だけ預けたいという場合は、一時預かりがおすすめ。

まとめ

「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」は、利用目的や頻度、料金などが異なる制度です。それぞれの制度の特徴を理解して、自分に合った制度を選びましょう。

利用目的、利用頻度、利用時間、費用、利用対象等の別に違いを整理

「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」は、どちらも未就園児を預ける制度ですが、利用目的、利用頻度、利用時間、費用、利用対象、実施主体などが大きく異なります。

利用目的

  • こども誰でも通園制度:
    • 子どもたちの健やかな成長を促すことを目的としています。
    • 保護者の就労状況に関わらず、すべての未就園児が週2回まで無料で通園できる制度です。
    • 保育所での集団生活を通して、社会性の発達や情緒の安定を図ることを目的としています。
  • 一時預かり保育:
    • 保護者が一時的に保育が必要な場合に利用する制度です。
    • 仕事や冠婚葬祭、通院、買い物などの際に利用できます。

利用頻度

  • こども誰でも通園制度:
    • 週2回まで利用できます。
    • 1日あたりの利用時間は4時間までです。
  • 一時預かり保育:
    • 自治体によって異なりますが、月数回から数十回まで利用できます。
    • 1日あたりの利用時間は数時間程度です。

利用時間

  • こども誰でも通園制度:
    • 保育所の開所時間内であれば、自由に利用できます。
    • 自治体によって異なりますが、午前9時から午後3時までのことが多いです。
  • 一時預かり保育:
    • 保育所によって異なりますが、午前9時から午後5時までのことが多いです。

費用

  • こども誰でも通園制度:
    • 無料です。
  • 一時預かり保育保育:
    • 利用時間に応じて、時間単位で料金が発生します。
    • 自治体によって異なりますが、1時間あたり数百円程度です。

利用対象

  • こども誰でも通園制度:
    • 満3歳から就学前までの子どもが対象です。
    • 自治体によって、対象年齢が異なる場合があります。
  • 一時預かり保育:
    • 生後6ヶ月から就学前までの子どもが対象です。
    • 自治体によって、対象年齢が異なる場合があります。

実施主体

  • こども誰でも通園制度:
    • 国が主導して実施する制度です。
  • 一時預かり保育:
    • 各自治体が独自に実施する制度です。

その他

  • こども誰でも通園制度:
    • 2025年度から本格実施予定です。
    • 利用には事前申請が必要です。
  • 一時預かり保育:
    • 各自治体のホームページなどで利用方法を確認できます。

まとめ

「こども誰でも通園制度」は、子どもたちの健やかな成長を促すことを目的とした新しい制度です。週2回まで無料で利用できるため、保護者の負担軽減や、子どもたちの社会性の発達などに効果が期待されています。

一方、「一時預かり保育」は、保護者が一時的に保育が必要な場合に利用する制度です。利用頻度や費用は自治体によって異なりますが、短時間でも子どもを預けられるので、保護者の負担軽減に役立ちます。

それぞれの特徴を理解して、自分に合った制度を選びましょう。

「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」のメリット・デメリット

こども誰でも通園制度と一時預かり保育のメリット・デメリット比較

2025年度から本格実施予定の「こども誰でも通園制度」と、現在多くの自治体で実施されている「一時預かり」は、どちらも未就園児を預ける制度ですが、利用目的、利用頻度、利用時間、費用、利用対象、実施主体などが大きく異なります。

以下では、それぞれの制度の特徴を比較し、メリットとデメリットを詳しく解説します。

1. 利用目的

  • こども誰でも通園制度: 子どもたちの健やかな成長を促す
  • 一時預かり保育: 保護者が一時的に保育が必要な場合に利用

2. 利用頻度

  • こども誰でも通園制度: 週2回まで
  • 一時預かり保育: 自治体によって異なる

3. 利用時間

  • こども誰でも通園制度: 4時間まで
  • 一時預かり保育: 数時間程度

4. 費用

  • こども誰でも通園制度: 無料
  • 一時預かり保育: 時間単位で料金が発生

5. 利用対象

  • こども誰でも通園制度: 満3歳から就学前までの子ども
  • 一時預かり保育: 生後6ヶ月から就学前までの子ども

6. 実施主体

  • こども誰でも通園制度:
  • 一時預かり保育: 各自治体

7. メリット・デメリット比較

項目こども誰でも通園制度一時預かり
利用目的子どもたちの成長一時的な保育
利用頻度週2回自治体によって異なる
利用時間4時間数時間程度
費用無料時間単位で料金
利用対象満3歳~就学前生後6ヶ月~就学前
実施主体各自治体
メリット無料、社会性・情緒の発達利用頻度・時間自由
デメリット利用頻度・時間制限有料、自治体差

8. どちらを選ぶべき?

どちらの制度を選ぶべきかは、ご自身の状況やニーズによって異なります。

こども誰でも通園制度は、子どもたちの成長を促したい方、保育料負担を軽減したい方におすすめです。 一方、一時預かりは、突発的な用事で子どもを預ける必要がある方、短時間だけ子どもを預けたい方におすすめです。

「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」のどちらを選ぶべき?

「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」のどちらを選ぶべきかは、ご自身の状況やニーズによって異なります。

「こども誰でも通園制度」がおすすめの場合

  • 以下のようなご希望がある場合、「こども誰でも通園制度」がおすすめです。
    • 子どもを定期的に預け、社会性の発達や情緒の安定を促したい
    • 保育料負担を軽減したい
    • 子どもに集団生活の経験をさせたい
    • 将来的に幼稚園や保育園への入園を検討している

「一時預かり」がおすすめの場合

  • 以下のようなご希望がある場合、「一時預かり」がおすすめです。
    • 突発的な用事で子どもを預ける必要がある
    • 短時間だけ子どもを預けたい
    • 費用を抑えたい
    • まだ子どもを定期的に預ける準備ができていない

どちらを選ぶべきか迷っている場合

  • 以下の点を考慮すると、どちらの制度が適しているか判断しやすくなります。
    • 利用目的:子どもを預ける目的は何ですか?
    • 利用頻度:どれくらいの頻度で子どもを預ける予定ですか?
    • 利用時間:どれくらいの時間、子どもを預ける予定ですか?
    • 費用:どのくらいの費用を負担できますか?
    • 子どもとの時間:子どもと過ごす時間をどのくらい確保したいですか?

制度の詳細を確認

  • どちらの制度を選ぶにしても、事前に各自治体のホームページなどで詳細を確認することをおすすめします。
    • 利用対象年齢
    • 利用時間
    • 費用
    • 申請方法

相談窓口

  • 制度についてわからないことがあれば、各自治体の相談窓口に問い合わせると、詳しく教えてもらえます。

まとめ

「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」は、それぞれメリットとデメリットがあります。ご自身の状況やニーズをよく考えて、どちらの制度が適しているか判断しましょう。

記事のまとめ:「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」の違いは何?

「こども誰でも通園制度」と「一時預かり保育」は、利用目的、利用頻度、利用時間、費用、利用対象、実施主体などが大きく異なる制度です。

「こども誰でも通園制度」は、子どもの健やかな成長を促すことを目的とした新しい制度です。 週2回まで無料で利用できるため、保護者の負担軽減や、子どもたちの社会性の発達などに効果が期待されています。

一方、「一時預かり保育」は、保護者が一時的に保育が必要な場合に利用する制度です。 利用頻度や費用は自治体によって異なりますが、短時間でも子どもを預けられるので、保護者の負担軽減に役立ちます。

どちらの制度もメリットとデメリットがあり、どちらを選ぶべきかは、ご自身の状況やニーズによって異なります。

この記事では、それぞれの制度の特徴を詳しく比較しました。 ぜひ参考にして、自分に合った制度を選んでください。

制度の詳細については、各自治体のホームページなどで確認することをおすすめします。

子どもたちの未来のために、自分に合った制度を選び、子育てを楽しみましょう!

以下、それぞれの制度の主なメリットとデメリットをまとめます。

こども誰でも通園制度

メリット

  • 無料で利用できる
  • 子どもたちの社会性の発達や情緒の安定を促せる
  • 保護者の負担を軽減できる

デメリット

  • 利用頻度が週2回までに制限されている
  • 利用時間が4時間までに制限されている
  • 2025年度から本格実施

一時預かり保育

メリット

  • 利用頻度や利用時間を自由に決められる
  • 短時間でも利用できる
  • 比較的費用が安い

デメリット

  • 無料ではない
  • 利用頻度や費用が自治体によって異なる
  • 事前に予約が必要

自分に合った制度を選び、子どもたちの成長をサポートしましょう!

タイトルとURLをコピーしました