スポンサーリンク

こども誰でも通園制度とは?いつから?料金、メリット、デメリット

保育園 くらし

この記事では、こども誰でも通園制度の概要や、料金、メリット、デメリットについて詳しく解説します。

この制度は、保育園の待機児童の解消や、親の就労支援、子どもの社会性育成など、さまざまなメリットが期待されています。

保育園の待機児童問題に悩んでいる方、親の就労支援を検討している方、子どもの社会性育成を重視している方など、ぜひ参考にしてください。

<新情報>こども誰でも通園制度に関する新情報(ページ内へ移動)

<関連記事> こども誰でも通園制度の利用時間と料金体系について

こども誰でも通園制度とは

こども誰でも通園制度とは、就労状況に関係なく、すべての子どもが保育所や認定こども園を利用できるようにする制度です。

現在は、保育所や認定こども園は、親の就労などにより保育が必要という認定を得ないと原則利用できません。しかし、こども誰でも通園制度が創設されると、就労要件を問わず、保育所や認定こども園を利用することができるようになります。

全てのこどもの育ちを応援し、こどもの良質な成育環境を整備するとともに、全ての子育て家庭に対して、多様な働き方やライフスタイルにかかわらない形での支援を強化するため、現行の幼児教育・保育給付に加え、月一定時間までの利用可能枠の中で、就労要件を問わず時間単位等で柔軟に利用できる新たな通園給付(「こども誰でも通園制度(仮称)」)を創設する。具体的な制度設計に当たっては、基盤整備を進めつつ、地域における提供体制の状況も見極めながら、速やかに全国的な制度とすべく、本年度中に未就園児のモデル事業を更に拡充させ、2024 年度からは制度の本格実施を見据えた形で実施する。
引用元:こども未来戦略方針

こども誰でも通園制度は、2024年度から全国で実施される予定です。この制度により、すべての子どもが質の高い保育を受けられるようになり、子育て世帯の負担軽減につながることが期待されています。

「こども誰でも通園制度」の詳細な内容は以下の通りです。

  • 親の就労時間に関係なく、誰でも時間単位で保育所を利用できる。
  • 保育所の利用要件を緩和し、誰でも利用できるようにする。
  • 2024年度から全国で実施される予定。
  • 少子化対策の一環として導入される。
  • 子育て世帯の育児負担を軽減することを目的としている。
  • 専業主婦(主夫)も利用可能になる。
  • 具体的な制度の詳細は今後決定される予定。

こども誰でも通園制度の概要

「こども誰でも通園制度」とは、保育園の利用要件を緩和し、親の就労時間を問わず、誰でも時間単位で保育園を利用できるようにする制度です。これは、保育所に子供を預ける際に基本的に必要だった条件を緩和し、誰でも利用できるようにすることで、保育の門戸を広げることを目的としています。

政府が少子化対策の一環として導入を検討しており、2024年度から始まる予定です。この制度は、子育て世帯の育児負担を軽減することを目的としています。

従来、保育所は親の仕事や病気など「保育の必要性」が認められなければ入園できず、支援を得られない親が孤立したり、虐待につながったりするリスクが指摘されていました。

こども誰でも通園制度の実施時期はいつから?

「こども誰でも通園制度」は、2024年度から全国で実施される予定です。2024年度からはモデル事業が始まりますが、最終的には2024年に全国で実施される予定です。

政府は、2024年度には、保育所や幼稚園に通っていない0~5歳の子供を、定員に空きのある保育所で週1~2回程度受け入れるモデル事業を、31市区町村の計50施設で実施する予定です。このモデル事業を通じて、課題を洗い出し、全国展開につなげることが計画されています。

【新情報】こども誰でも通園制度に関する新情報

2023年11月8日、こども家庭庁は、こども誰でも通園制度の概要をまとめました。

  • 対象は保育所や幼稚園に通わない未就園児で、年齢は生後6カ月~2歳。
  • 子ども1人当たり月10時間までの利用とし、どの保育所でも適切に対応できるよう、子どものアレルギーなどの情報を把握できるシステムをつくる。
  • 10時間を超えて預けたい場合は、既存の「一時預かり事業」と併用してもらう。
  • 子どもが複数の保育所を利用する可能性があるため、保護者が子のアレルギーなどの健康状態やかかりつけ医、託児経験などをシステムに登録し、各保育所に提供できる仕組みを新たにつくる。

また、2023年度内に自治体数を増やして次のステップに進み、2024年度以降、全国一律で制度を導入する方針です。

この制度は、親が就労していなくても、子どもが保育所や幼稚園で過ごせるようにするものです。虐待やネグレクトのリスクを軽減し、子どもの健やかな成長を支援することを目的としています。

しかし、月10時間の上限や、アレルギーなどの情報共有の仕組みなど、具体的な運用方法については、まだ議論が続いています。

当初は2024年度にモデル事業を始める予定だったが、今年度中にも実施できるようにする。
 対象は保育所や幼稚園に通わない未就園児で、年齢は生後6カ月~2歳。保育所の空きが少ない地域もあり、利用は月10時間までとした。10時間を超えて預けたい場合は、既存の「一時預かり事業」と併用してもらう。

引用元:時事ドットコムニュース

こども誰でも通園制度の料金はいくら?

自治体によって異なりますが、こども誰でも通園制度の料金について公表されている自治体もあります。たとえば、宮城県では、利用時間に応じて月額料金が設定されており、最低でも1時間あたり約500円からとなっています。

また、各自治体で期間や利用回数、料金が変わる可能性があります。先行自治体の一つである埼玉県越谷市では、1時間あたり500円、一日あたり30人が利用していると報じられています。

参考≫ 越谷市:子供を預けたいときは? 利用者負担(保育料)

また、東京都文京区では、0歳児から2歳児まで、1日3,000円、半日1,500円で利用できます。収入に応じて、利用料が減免され、住民税非課税世帯は無料です。

詳細については、自治体のホームページや担当窓口にお問い合わせください。

<関連記事> こども誰でも通園制度の利用時間と料金体系について

こども誰でも通園制度のメリット

こども誰でも通園制度のメリットは、主に以下の4点です。

1)保育園の待機児童の解消

こども誰でも通園制度は、保育の必要性認定にかかわらず、誰もが保育園を利用できるようにするため、保育園の待機児童の解消につながることが期待されています。

2)親の就労支援

こども誰でも通園制度を利用することで、親は仕事や就職活動に集中しやすくなります。これにより、親の就労率の向上や、女性の社会進出の促進につながることが期待されています。

3)子どもの社会性育成

こども誰でも通園制度を利用することで、子どもは他の子どもたちと遊んだり、関わったりする機会が増えます。これにより、子どもの社会性やコミュニケーション能力の育成につながることが期待されています。

4)地域の活性化

こども誰でも通園制度を利用することで、子どもの預け先が増え、地域の活性化につながることが期待されています。

なお、こども誰でも通園制度の導入に当たっては、保育士の負担増や保育の質の低下などの課題が懸念されています。今後、保育士の処遇改善や保育の質の向上に向けた施策が講じられることが重要です。

こども誰でも通園制度のデメリット

こども誰でも通園制度のデメリットは、主に以下の2点が挙げられています。

1)保育士の負担増

保育士の不足が深刻な問題となっている日本において、こども誰でも通園制度の導入により、保育士の負担が増大することが懸念されています。

保育士は、子どもたちの安全や健康を守るだけでなく、子どもたちの遊びや生活をサポートする役割も担っています。こども誰でも通園制度では、就労や育児の都合で保育園を利用しない家庭も利用対象となるため、保育士の負担はさらに増加する可能性があります。

2)保育の質の低下

保育士の負担増により、保育の質が低下する可能性も懸念されています。

保育士は、子どもたちの健全な成長と発達を促すために、専門知識や技術を駆使して保育を行っています。しかし、保育士の負担が増大すると、子ども一人ひとりに十分な関わりや指導を行うことが難しくなる可能性があります。

また、保育士の離職率が高まることで、保育士の経験やスキルが不足し、保育の質が低下する可能性もあります。

スポンサーリンク

こども誰でも通園制度の利用条件

「こども誰でも通園制度」の利用条件については以下のようなものが挙げられます。

  • 親の就労時間に関係なく、時間単位で保育所を利用できる。
  • 専業主婦(主夫)も利用可能。
  • 制度の詳細は今後決定される予定であり、具体的な利用条件については明らかにされていません。
  • 2026年度から全国で実施される予定。
  • 2024年度からはモデル事業が実施される予定。

以上のように、「こども誰でも通園制度」の利用条件については、時間単位での利用が可能であることや、専業主婦(主夫)も利用可能であることが報じられています。ただし、具体的な利用条件については今後決定される予定であり、詳細は明らかにされていません。

こども誰でも通園制度の導入によって保育園にどのような影響があるのか

「こども誰でも通園制度」の導入によって、保育園に以下のような影響があると考えられます。

  • 保育園の混雑緩和が期待される。
  • 保育園の利用要件が緩和され、保護者が仕事をしていなくても子どもを預けられるようになる。
  • 親が就労していなくても保育所を利用できる制度が創設される。

以上のように、「こども誰でも通園制度」の導入によって、保育園の混雑緩和や利用要件の緩和が期待されています。また、保護者が仕事をしていなくても子どもを預けられるようになることで、子育て世帯の育児負担が軽減されることが期待されています。

こども誰でも通園制度が批判されている理由

「こども誰でも通園制度」は、日本政府が提唱している少子化対策の一環で、保育所や幼稚園、認定こども園などの通園を誰でも無料で利用できる制度です。しかし、この制度には批判もあります。

以下は、批判されている理由です。

  1. 保育所の混雑懸念:こども誰でも通園制度の実施により、保育所や認定こども園の混雑が懸念されています。制度の導入により、需要が増えることで既存の施設の受け入れ能力を超える可能性があるため、保育所の待機児童問題が深刻化する可能性が指摘されています。
  2. 財政負担の増加:こども誰でも通園制度の実施には財政的な負担が伴います。保育所や認定こども園の整備や拡充には莫大な費用がかかるため、地方自治体や国の予算に負担がかかることが懸念されています。
  3. 就労状況に関係なく利用可能な制度:こども誰でも通園制度は、就労状況に関係なくすべての子どもが保育所や認定こども園を利用できる制度です。一部の批判では、経済的に余裕のある家庭が制度を利用することで、本来の目的である保育の必要な子どもたちへのサポートが行き届かなくなる可能性が指摘されています。
  4. 保育の質の低下:こども誰でも通園制度の実施により、保育の質が低下する可能性が懸念されています。需要の急増により、保育所や認定こども園の教育環境や保育士の数が追いつかなくなることで、個別のケアや教育の充実が困難になる可能性があります。

以上が、こども誰でも通園制度が批判されている主な理由です。ただし、一方で制度自体は歓迎されている意見もあります。批判とともに、制度の改善や対策が求められています。

≫ こちらに「こども誰でも通園制度の反対意見」をまとめてあります。

こども誰でも通園制度が導入された自治体での保育士の人員不足の状況

こども誰でも通園制度が導入された自治体での保育士の人員不足の状況について、以下の情報があります。

  1. 保育士の負担感:一部の保育施設では、こども誰でも通園制度の導入により保育士の負担が増える可能性が指摘されています。増える子どもの数に対して保育士の数が追いつかず、適切なケアや教育の提供が困難になることが懸念されています。
  2. 保育士不足の課題:保育所や認定こども園における保育士不足は、こども誰でも通園制度の導入により一層深刻化する可能性があります。
    既に保育現場では人手不足や不適切な保育などの課題が存在しており、制度の導入により保育士の需要が増えることで人員不足がさらに深刻化する可能性があります。
  3. 負担感の軽減策:一部の自治体では、保育士の負担感を軽減するための取り組みが行われています。例えば、保育士の配置や労働条件の見直し、研修やサポート体制の充実などが行われています。
  4. 待機児童の優先順位:保育所や認定こども園では、待機児童や入所保留児童の入所が優先されるため、保育士の不足により一部の子どもたちが保育施設に入れない可能性があります。

以上が、こども誰でも通園制度が導入された自治体での保育士の人員不足の状況に関する情報です。保育士不足は既に課題となっている現状であり、制度の導入により一層の人員不足が懸念されています。保育士の負担軽減や人材確保の取り組みが必要とされています。

こども誰でも通園制度が導入された自治体での保育士の給与水準

こども誰でも通園制度が導入された自治体での保育士の給与水準について、以下の情報があります。

  • 保育士の給与水準が低いことが、人材確保の課題となっています。
  • 保育士は労働環境が過酷であることが多く、給与が低いため、ストレスや疲労から離職するケースが多いとされています。

以上が、こども誰でも通園制度が導入された自治体での保育士の給与水準に関する情報です。保育士の給与が低いことが人材確保の課題となっており、保育士の労働環境や待遇改善が求められています。

こども誰でも通園制度の導入によって保護者の負担が軽減されるのか

「こども誰でも通園制度」が導入された場合、保護者の負担が軽減されるかどうかについて

  • 「こども誰でも通園制度」が実施されると、保護者が利用する保育所の選択肢が増え、保護者の負担が軽減される可能性があるとされています。
  • 保育所の定員が増えることで、保護者の負担が軽減される可能性があるとの指摘もあります。
  • ただし、すでに保育士不足という問題が指摘されており、保育士の負担が増えることで保育の質が低下する可能性があるとの指摘もあります。

以上のように、「こども誰でも通園制度」が導入された場合、保護者の負担が軽減されるかどうかは不透明であり、保育士の待遇改善や配置基準の見直しが必要であるとの指摘があります。

よくある質問

こども誰でも通園制度の料金は?

「こども誰でも通園制度」の料金は、利用する自治体や施設によって異なります。例えば、月額2,000円や月に一定時間の利用で月額5,000円や8,000円などが報告されています。

また、生活保護世帯や住民税非課税世帯の場合は無料となることもあります。

制度の詳細な料金については、利用を希望する自治体や施設に直接問い合わせるか、その地域のホームページなどで確認することが必要です。

こども誰でも通園制度の利用対象者は誰ですか?

「こども誰でも通園制度」の利用対象者は、0歳6か月から2歳未満の未就園児を持つすべての家庭を対象としています。

この制度は、親が就労していなくても子どもを保育所などに預けることができるようにするものであり、保護者の就労時間を問わず利用できます。

具体的な対象や条件については、自治体によって異なるため、詳細は利用を希望する自治体や施設に直接問い合わせるか、その地域のホームページなどで確認する必要があります。こども誰でも通園制度の利用期間はどのくらいですか?

こども誰でも通園制度の利用期間はどのくらいですか?

「こども誰でも通園制度」の利用期間は、試験的な事業では1人あたりの利用時間を「月10時間」を上限にする方針とされています。

具体的な利用期間については、自治体によって異なる可能性がありますので、詳細は利用を希望する自治体や施設に直接問い合わせるか、その地域のホームページなどで確認することが必要です。

こども誰でも通園制度の利用にはどのような手続きが必要ですか?

「こども誰でも通園制度」の利用には、自治体によって異なる手続きが必要です。

一般的には、利用を希望する自治体の窓口に申込みを行い、必要な書類を提出することが求められます。

具体的な手続きについては、利用を希望する自治体のホームページや窓口で確認することが必要です。

こども誰でも通園制度の利用にはどのような保育所が対象になりますか?

「こども誰でも通園制度」の利用には、保育所や認定こども園、幼稚園などが対象となります。

この制度は、親が就労していなくても時間単位などで子どもを預けられるようにする新たな通園制度であり、全国の自治体で提供体制が確保できるよう、幅広い施設が対象となっています。

こども誰でも通園制度と一時保育の違いは何ですか?

「こども誰でも通園制度」と一時保育の違いは次のとおりです。

  • 「こども誰でも通園制度」は、親が就労していなくても子どもを保育所などに預けることができる新たな制度です。対象は0歳6か月から2歳までの未就園児であり、保育所や認定こども園、幼稚園などが対象施設となります。
  • 一方、「一時保育」は、一定の時間だけ子どもを預かるサービスであり、通常は親が就労している間などに利用されます。一時保育は、保護者が特定の用事をする際や短期間の休息を取るために利用されることが一般的です。

これらの制度は異なるニーズに対応するために提供されており、利用する際にはそれぞれの特性や条件を確認することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました