2024年1月24日|髙橋藍が試合中に足首ケガ、モンツァは逆転負け

エンタメ
スポンサーリンク

髙橋藍が試合中に足首ケガ

2024年1月24日、Vリーグ・セリエAのモンツァはホームでヴェローナと対戦し、セットカウント2-3で逆転負けを喫しました。この試合で、日本代表の髙橋藍が第3セット途中に足首を捻って途中退場となりました。

髙橋選手は第3セット途中、アタックの着地の際に足首を捻って転倒。そのまま立ち上がることができず、チームメートに担がれて退場しました。試合後、モンツァの監督は「レントゲン検査の結果、骨折はしていないが、捻挫の可能性が高い」とコメントしています。

髙橋選手は、2023-24シーズンのVリーグ・セリエAで、ここまで平均10.9得点、2.1ブロックポイントを記録し、モンツァの攻撃を牽引していました。今回の負傷により、チームの戦力に大きな影響を与えることになりそうです。

モンツァは逆転負け

モンツァは今回の敗戦で8敗目を喫し、通算8勝8敗、勝ち点25でヴェローナにセット率で逆転され、7位に後退しました。

そんなモンツァの次戦は、1月27日(日本時間28日)にコッパイタリア準決勝で、トレンティーノと対戦します。トレンティーノはリーグ戦で首位を走る強豪チームであり、モンツァにとっては厳しい戦いとなることが予想されます。

髙橋選手の状態が心配されますが、モンツァがトレンティーノを倒して、決勝進出を果たせるかどうか、注目が集まります。

以下に、記事の要点をまとめます。

  • モンツァはリーグ戦で8勝8敗の7位に後退。
  • 髙橋藍が足首を捻って途中退場。
  • モンツァの次戦は1月27日(日本時間28日)のコッパイタリア準決勝で、トレンティーノと対戦。
  • トレンティーノはリーグ戦で首位を走る強豪チーム。

髙橋選手の状態次第では、モンツァの勝利は難しいかもしれません。しかし、ホームで敗れたヴェローナを相手に、リベンジを果たす可能性も十分にあります。

髙橋選手の怪我が軽いものであることを願うばかりです。


タイトルとURLをコピーしました